<< 発覚した「太っちょグマ」こと金正男暗殺計画   古沢襄 | main | シリア停戦、米ロが27日開始を呼び掛け   古沢襄 >>
中国の武器輸出、過去五年で三倍   宮崎正広

■ドイツを抜いて世界第三位の「武器商人」に 外国製武器、兵器システムをまねているうちに性能が向上


ストックホルムの「国際平和研究所」から恒例のレポートがでた。


「中国の武器輸出は過去五年の間に三倍に伸びた。いまではドイツを抜いて世界第三位の「武器商人」になった。とくに外国製武器、兵器システムをまねているうちに性能が向上した」という報告者は次の問題点を指摘している。


2011年から15年の間に、中国の武器輸入は25%減少した。それまでは旧ソ連から大量の武器弾薬、戦闘機を購入してきた。ウクライナからは未完成空母を鉄のかたまりのままで購入した。


中国製の武器の性能が向上すると、輸出に回すようになる。


中国製武器の三大得意先はパキスタン、バングラデシュ、ミャンマーである。とくにパキスタンと中国は半世紀を超える軍事同盟だが、最近パキスタンは八隻の中国製潜水艦を合計50億ドルで輸入する契約を纏めたという(サウスチャイナ・モーニングポスト、15年4月26日)。この三ヶ国を含め、合計35ヶ国に輸出している。


火器を除く武器輸出は88%の伸びを示した。


いまでは世界武器市場の6%が中国製となった。もちろん、米国、ロシアには叶わないまでも、第三位だったドイツを抜いたことは注目するべきだろう。


「しかも他の先進国と比較すれば、まだ低コストで中国は武器生産が可能なため、今後も輸出は伸びるだろう」とストックホルム平和研究所の報告書は言う。


なぜなら中国は国内で第四世代のジェット戦闘機を自前で生産できるうえ、海軍フリゲート艦、軽機関銃の量産も可能となった。評判が良いのはJF17戦闘機、C802対艦巡航ミサイル、ほかに北朝鮮とイランへの核技術移転という目に見えないノウハウ輸出も含まれる。


通信衛星の電波妨害、サイバー戦争の性能向上ノウハウ、ネット上の情報盗聴、攪乱などの技術もノウハウ輸出のなかにはいるのではないかと同報告書は指摘している。


とりわけの注目はドローンである。


中国製ドローンは後発であるゆえに安く、米国産に比較すると技術は劣るが、30%も安ければ市場を席巻するだろうし、げんに日本のドローンは大半が中国製である。


日本がヘイワの念仏を唱えているうちに、事態はここまで悪化した。

 

<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 宮崎正弘 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011411
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE