<< 「東北 豊間根家の栞」を読み解く   古沢襄 | main | 書評呉善花『反日韓国の苦悩』   宮崎正広 >>
中国の証券市場は短期的に持ち直すが長期的には絶望   宮崎正広

■証券監査委員会主席更迭、劉士余が登場するが改革に前進を期待できるか


昨夏以来、中国の株式市場から消えたカネは時価にして五兆ドル(570兆円)。


投資家の不満がガス抜きするには「犠牲の山羊」が必要となった。周小川(人民銀行総裁)は逃げ回り、ツケは証券取引監査委員会の肖剛に割り振られた。


2月20日、中国は唐突に肖剛以下六名を「証監委」から更迭、あらたに劉士余(中国農業銀行董事長)を当てると発表した。


劉士余は2006年から14年まで中国銀行幹部、副頭取になり、14年から「中国農業銀行」立て直しのため、銀行制度改革や規制遵守などに貢献したとされる。江蘇省出身、清華大学大学院卒。経済学博士である。


劉士余は記者会見で「規制強化、市場の沈静化にふさわしいルールの適用」などと上からの目線で対応策を述べた。


しかし「短期的に上海市場は持ち直すだろうが、長期的には絶望である」と多くの投資家が予測している(華字紙や香港の英文媒体も、ほとんどが悲観的意見だ)。


ジョージ・ソロスを「仕掛け人」とすり替えて攻撃に忙しい中国だが、人民元安を仕掛けているのはテキサスの豪腕ファンドのキエル・バスらであり、この動きに便乗し手いるのは香港拠点の太子党筋のファンドだ。


ソロスは「私は中国経済のハードランディングは不可避的だと行ったが、これは預言ではなく、実際に目の前に目撃していることだ」と中国からの猛烈な批判に答えている。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 宮崎正弘 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 08:04 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011404
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE