<< 「多民族の同化」か「連合体」か    古森義久 | main | 民主・鈴木氏「党の姿勢に疑問」   古沢襄 >>
ローマ法王と露正教会総主教、中東安定へ宣言   古沢襄

■1054年にキリスト教会が東西に分裂して以降初めて
  
【ロサンゼルス=田原徳容】カトリック教会のローマ法王フランシスコ(79)とロシア正教会のキリル総主教(69)が12日、キューバの首都ハバナの国際空港で会談した。
  
 
1054年にキリスト教会が東西に分裂して以降、両教会トップの会談は初めてで、両者は対立から和解へとカジを切った。


会談後、キリスト教発祥の地を含む中東の安定などを求める共同宣言を発表した。


共同宣言は「我々は競争相手ではなく、きょうだいだ」と強調。1000年近い分裂状態を克服して「再統合」も視野に協力する準備ができているとした。


両トップはまた、「中東や北アフリカの多くの国で、我々のきょうだいたちが殺害されている」と訴え、イスラム過激派組織「イスラム国」などによるキリスト教徒迫害に対する懸念を表明した。国際社会に対し、暴力とテロの根絶を求めていく考えを示した。


会談は、ロシアとの関係が深く、米国との国交正常化交渉でローマ法王の支援を受けたキューバが取り持つ形で実現した。(読売)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 15:31 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011356
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE