<< 日本が発信しない「拉致」英文本   古森義久 | main | 北朝鮮軍総参謀長の李永吉氏を処刑か   古沢襄 >>
秘密保護法違憲の請求退ける   古沢襄

特定秘密保護法は国民の知る権利を侵害し違憲として、神奈川県の住民13人が無効確認などを求めた訴訟の判決で、横浜地裁(石井浩裁判長)は10日、請求を退けた。


原告側は「特定秘密の定義が抽象的で、外部の第三者がチェックする機能もない」と指摘、知る権利を含めた表現の自由を定めた憲法21条に反すると主張した。
 

原告団などによると、フリージャーナリストらが東京地裁に起こした訴訟では昨年11月、原告敗訴の判決が言い渡され、東京高裁に控訴。静岡市の弁護士が静岡地裁に起こした訴訟は25日に判決が予定されている。
 

秘密保護法は2014年12月に施行された。(ロイター)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 16:39 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011318
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE