<< (速報)香港の繁華街、旺角で暴動   宮崎正広 | main | ニューハンプシャー州はブッシュ一族の鬼門   古沢襄 >>
「韓国には行きたくない!」中国人観光客の書き込みやまず   古沢襄

■「安モノ・ぼったくり・不親切」…

 
今年は中国における「韓国観光の年」だという。韓国の朴槿恵大統領は1月に北京で開かれた開幕式に寄せた映像メッセージで「中国国民の皆様を韓国に招くことになりうれしく思う」と述べた。


ただ、昨年の訪韓外国人観光客は約1323万人で、前年より6・8%減った。上客の中国人も2・3%減り、600万人を割り込んだ。韓国政府は相変わらず中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大のせいにする。一方でソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)には「ホテルだと思っていたが地方のモテルだった」など、中国人観光客による不満の書き込みも目立つ。


■訪日中国人観光客100%増の衝撃


韓国にとって何よりも悔しいのは、昨年の外国人観光客の数で7年ぶりに日本に負けたことだろう。


朝鮮日報(電子版)など韓国メディアによると、2015年の訪韓外国人観光客は1323万1600人で前年(1420万1500人)に比べ6・8%減った(韓国観光公社まとめ)。外国人客が減少したのは03年以来、12年ぶりという。


一方、日本は昨年、外国人客の誘致で過去最高を記録した。政府観光局によると、訪日客数は1973万7000人で、過去最高だった前年(1341万3000人)に比べ47・1%増加。13年に初めて1000万人を突破し、わずか2年で倍増したのである。


さらに日本にとっても、韓国にとっても上客である中国人観光客が驚きの動きを見せた。訪韓客が598万4170人で前年に比べ2・3%減ったのに対し、訪日客は499万3800人と数でこそ下回ったが、前年比では107・3%増を記録。実に前年の2倍以上の中国人が日本を訪れたことになる。


ただ、こうした政府の“楽観的”な目算に対し、韓国メディアの慎重姿勢は際立つ。元韓国観光学会長のキム・ギョンスク江陵原州大教授(観光経営学)は朝鮮日報の取材に対し「従来のような安値の観光ツアーやショッピング主体のツアーではなく、外国人客が魅力を感じる観光商品を開発し、長期戦略を立てるべきだ」と指摘。「そうしなければ、韓国観光が奈落の底に転落しかねない」と警鐘さえ鳴らしている。


■アリババは助け舟になるか?


この国の観光産業の危機をめぐっては、韓国メディアが再三にわたり根本的な問題が背景にあるとしてきた。「後進性を免れない慣行がさらに根本的な問題。安モノ・ぼったくり・不親切慣行は相変わらず」(朝鮮日報)などである。


韓国経済新聞はコラムで中国人観光客がSNSに残した書き込みを紹介。「ホテルだと思っていたが地方のモテルだった」「観光用の飲食店ではなく運転手用の食堂だった」…。まさしく、安モノ、ぼったくり、不親切慣行である。


中国人客を呼び込むためには、キム・ギョンスク氏が指摘するように、安値の観光ツアーやショッピング主体のツアーからの脱却が急がれる。


そんな中、中国の電子商取引(EC)最大手、アリババ(阿里巴巴)グループが助け舟を出した。朝鮮日報によれば、傘下のインターネット旅行会社、アリトリップ(阿里旅行)が、韓国旅行業界最大手のハナツアーと提携する形で中国人客に韓国の観光商品を販売するというのだ。


ソウルで行われた記者懇談会の場でアリトリップの段冬東副社長は、中国人客の旅行先が韓国から日本にシフトしているのを受け、「アリババの顧客情報を活用し、オーダーメード型の旅行商品を推薦するビッグデータマーケティングなどでハナツアーを支援していく」と説明したという。


にわかにタッグを組んだ中国と韓国。この「対日包囲網」の行く末が注目される。(産経)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 18:00 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011303
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE