<< 習主席「軍再編」 もう一つの狙いは…   石平 | main | 甘利大臣 辞任決断の背景は   古沢襄 >>
甘利明大臣を落とし穴にハメた「怪しすぎる情報源」の正体とは?   古沢襄

票をもらうか、謝礼をもらうかの違いこそあれ、与野党問わず、何らかの「口利き」をしたことのない国会議員なんていないだろう。


某野党なんか、もっぱらそれを仕事にしているではないか。


むろん、カネをもらってはマズイが「口を利く」方も何らかの見返りを期待しているのは間違いない。


ついに、甘利明経済再生担当相辞任。


『週刊文春』(2月4日号)は実名告発第2弾。「甘利大臣事務所の嘘と『告発』の理由」。


が、何度読んでも、なぜ一色武氏が、告発に踏み切ったかの「理由」はよくわからない。


〈「甘利氏を『嵌(は)める』ために三年にわたる補償交渉や多額の金銭授受を行うなんて、とても金と労力に見合いません」「口利きを依頼し金を渡すことには、こちらにも大きなリスクがあるのです」(一色氏)〉


などと雄弁に語るが、肝心の告発の「理由」は、


〈「URとの交渉はいつまでたっても前に進まない。私にも我慢の限界があります」(同)〉。


これでは弱い。


そのあたりを予想どおり『週刊新潮』(2月4日号)が鋭く迫って、「『甘利大臣』を落とし穴にハメた『怪しすぎる情報源』の正体」。


一色氏は3年前に解散した八王子を拠点とする右翼団体の構成員。


〈「何時に誰と会ったかも全部メモしているような奴だった。そういう男は右翼には向かない。いつの間にか建設会社(本文では実名)の総務担当になっていたとは。驚いたね」(右翼団体の元会長)〉


一色氏は他にもNPO法人「国際人権教育推進センター副理事長」の名刺を持っていたが、同センターは〈「会員でもない。名刺は勝手に作ったもの」〉と全否定。建設会社も「なぜ告発したのか理解できません」。


『新潮』の言うように〈何とも怪しすぎる〉人物だ。


今週は2誌以外、読むべき記事ナシ(ただし『ニューズウィーク日本版』は除く)。(『WiLL』編集長)(産経)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011267
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE