<< 北朝鮮、韓国に向け宣伝ビラ100万枚風船で飛ばす   古沢襄 | main | 台湾の政界新風、つぎは香港へ伝播する   古沢襄 >>
蔡英文(次期台湾総統)が米国特使団と接見   宮崎正広

■民進党は呉幹事長が24日に渡米し、米国有力者と会見


はやくも台湾政局、大きな流れが動き始めた。


次期総統に当選した蔡英文(民進党党首)は18日、台湾を訪問中の米国特使団に接見した。


そして民進党は対米関係を外交上もっとも重視する立場から、幹事長のジョセフ呉を来週、1月24日に渡米させ、ワシントン政界の有力者を訪問するほか、有力なシンクタンクで講演をおこなう。


他方、台湾独立は民意によるとする新政権は、あくまで「現状維持」を訴え続けるだろうが、民進党支持者の多くは『台湾独立』を望んでいる。


5月20日に行われる総統就任式で、そうした方向性が打ち出されるが、民進党内に、「政権引き継ぎチーム」も発足する。


こうした台湾の動きを読み取った上で、人民日報系の「環球時報」は社説(1月18日)で、「たとえ台湾の民意がそうだからといって、直ちにポピュリズムに走るのは危険である」としつつ「民意というのならば、13億中国国民の民意を勘案するべきだ」と頓珍漢なことを述べている。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 宮崎正弘 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 10:15 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011251
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE