<< 元TBSの杉尾氏、民主から参院選立候補を表明   古沢襄 | main | 米韓、戦略兵器展開を協議 核兵器の再配備はない   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







小出しにしてきた中央軍事委員会改革   宮崎正広
■四総部解体、15の部門設置は舵を切ったが

中国人民解放軍は1月11日に突如記者会見を行い、これまでの軍の編成替えに関して、四総部の改称につづき、15の部門が新設され、それぞれのトップが任命された。7つの「庁」、3つの「委員会」、そして5つの直属機関である。しかも、旧来の四総部は、この15部門のなかに位置付けられ、そのうえすべては党軍事中央委員会直属とされた。

人事で注目は『政治工作部』主任に張陽(大将)が任命されたことで、かれは習近平に近い『太子党』である。
もともと『政治工作部』とは軍事委員会総政治部のことであり、初代劉少奇いらい、李徳生など軍の実質的なトップと考えられてきた。その「総政治部」が『政治工作部』と改称され、張陽は、横滑りしただけの人事だが、全体をにらむポストに就いたとも考えられる。

他方、現在の七大軍区を四つか五つの「戦区」として改編されるというアイディアはいまなお不透明で、サウスチャイナ・モーニングポスト(1月12日)などは、「地方軍の抵抗がすさまじく、反対意見が予想以上に強いために遅れているのだろう」と分析している。

軍再編はまだ小出しがつづく。

<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>
| 宮崎正弘 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:04 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011233
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE