<< 北朝鮮の核実験、日本の安全に対する重大な脅威   古沢襄 | main | ドイツ 大みそかに強盗や性犯罪が多発   古沢襄 >>
これほどの落ち込みは2003年のSARS騒ぎ以来   宮崎正広

■香港の小売り、12ヶ月連続の減少、観光客も激減している


2003年に香港から中国全土、韓国、台湾にかけてSARS騒ぎがあった。あのとき、香港でも小売りは通年で2・3%下落した。


「あのSARS騒動より、こんどは最悪ではないか。通年で香港の小売業は前年比3%のマイナスだ」と香港小売業界幹部はいう(『サウスチャイナ・モーニングポスト』、16年1月5日)。


とくに何が悪いか? 宝飾品、高級時計、豪華な贈り物などがさっぱり売れない。前年比20・6%ものマイナス。


百貨店の売り上げも服飾品の不振が8・6%のマイナスだという。
 

香港へのツーリズム産業は大陸からやってくる「お上りさん」たちの「爆買い」に支えされてきたが、中国人のインバウンドは5・45%も落ち込み、ほかの海外からのツーリストは僅か1・28%でしかない。


ところが「外国客もヨットなどレジャーと食事を愉しむが、さっぱり買い物をしなくなった」という。


稼ぎ時とされたクリスマス、新年セールでの巻き返しを狙ったが、観光客そのものが143万人も減っていた。


わずかに売り上げ増はスーパーマーケットでの食料、タバコ、アルコールだけという惨憺たる結果となった。


おりしも中国の「ブラックマンディ」と言われる株価大暴落は1月4日に起きた。7%暴落した時点でサーキットブレーカーが掛かり、取引停止となった。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 宮崎正弘 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 15:41 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011221
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM