<< 衆参同日選の可能性は高まった   阿比留瑠比 | main | ドイツ、対「イスラム国」軍事作戦支援へ   古沢襄 >>
普天間周辺、米軍機にレーザー…たこで妨害も   古沢襄

まさか沖縄県民の仕業ではあるまい。そう思いたい。米軍機がレーザー光の照射で墜落すれば、被害を受けるのは普天間飛行場周辺の住民にも及びかねない。


犯人の捜査で沖縄県警の迅速な対応が望まれる。


■沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の周辺を飛行していた米軍機に対し、昨年7月以降、計5回にわたってレーザー光とみられる強い光線が照射されていたことが、わかった。
  

在沖縄米海兵隊が1日、明らかにした。通報を受けた沖縄県警が捜査している。


海兵隊などによると、レーザー光の照射は主に夜間に起きており、直近では10月30日午後6時過ぎ、米軍の輸送機が滑走路に進入中、地上から緑色のレーザー光を当てられた。


これまで米兵の負傷の報告はないが、海兵隊は、パイロットの視力が一時的に失われ、墜落事故につながりかねないとしている。このほか、米軍機の飛行エリアで、たこを飛ばす妨害行為も2件確認されたという。


飛行場は宜野湾市の中心部にあり、周囲には住宅や学校もある。中谷防衛相は1日の閣議後の記者会見で「墜落などの大惨事を招きかねない大変危険で悪質な行為」と述べ、対策を検討していることを明らかにした。(読売)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 17:47 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011097
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE