<< 金塊の密輸がなぜ日本で、しかも今頃?   宮崎正広 | main | 危機の放置許す米欧の「緩み」   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







MRJが初飛行=半世紀ぶり国産旅客機   古沢襄

■開発着手から7年・三菱重工


国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を開発中の三菱重工業と子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)は11日午前9時半すぎ、同町の県営名古屋空港でMRJの初飛行を開始した。飛行時間は約1時間の予定。2008年の開発着手から7年を経て、MRJは実用化への大きなステップを踏み出した。


1960年代に開発されたプロペラ機の「YS11」以来、約50年ぶりの国産旅客機。17年4〜6月に全日本空輸への初号機納入を目指しており、日本の航空機産業の発展にもつながると期待されている。


MRJの初飛行は、当初計画では11年に実施する予定だった。しかし、主翼の素材変更や開発手順の見直しなどで計5回延期された。直近では10月26〜30日に初飛行を予定していたが、操舵(そうだ)ペダルの不具合が見つかり、約2週間先延ばしされた。初号機納入までのスケジュールは一段とタイトになっており、飛行試験をいかに加速するかが課題となる。


今後は日本と米国で計2500時間の飛行試験を繰り返し、安全性を確認した上で商業飛行の前提となる国の「型式証明」を取得する。三菱航空機は、現在407機のMRJ受注数を向こう20年で約2500機まで増やす目標を掲げている。(時事)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 10:28 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011056
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE