<< 書評「太平洋戦争」アメリカに嵌められた日本   宮崎正広 | main | ノーベル賞の大村智さん 多彩な顔持つ「日本のダヴィンチ」   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







悪弊に”先祖帰り”のユネスコ?   古沢襄

「ユネスコ」といえば、「またか!」という思いしかない。私たちの世代にとっては”札付きの左翼””管理能力なき組織”の印象が強い。国連の名を汚す存在であった。


ウイキペデイアも「1980年代には、放漫財政等のマネージメントの問題に加え、活動が「政治化」していることのほか、当時のムボウ事務局長が提唱した「新世界情報秩序」がジャーナリストの認可制を導入し報道の自由を制限するものだとして、アメリカ合衆国、イギリスが脱退し、ユネスコの存続は危機に立たされた」と指摘している。


米英の脱退にもかかわらず、日本は、ユネスコにとどまり、分担金の約4分の1近くを担う最大の拠出国として、ユネスコの存続に大きな役割を果たしていた。


しかも政治的偏向や報道の自由に対する問題を解消したマヨール事務局長につづき、日本の松浦事務局長のもとで、管理運営についても全般的な改革がなされ、その結果、英国が1997年7月に、米国が2003年10月にそれぞれユネスコに復帰している。


松浦事務局長の改革については高く評価され、総会や執行委員会でも多くの加盟国から繰り返し表明された。


しかしその一方で、改革の根幹であるRBMの進展やプログラムの整理、官僚主義的な組織機構について、道半ばという印象が残る。私に言わせれば、ユネスコは悪弊に”先祖帰り”している印象が強い。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 13:44 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010918
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE