<< オバマ大統領から距離置くクリントン氏、バイデン氏の出馬誘う要因に   古沢襄 | main | 書評『アメリカの社会主義者が日米戦争を仕組んだ』   宮崎正広 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







ドイツも中国経済に見切りを付けた?   宮崎正広

■メルケル首相、財界を率いてインドを訪問していた


就任以来、メルケルは七回、ドイツ経済界幹部を大量に引き連れて北京を訪問し、大々的な中国投資を展開してきた。


VWに代表されるように、ドイツにとって中国市場は貴重な存在だった。なにしろVWは昨年970万台を生産したが、このうち360万台を中国で販売したのだ。


メルケルのインド訪問は2011年以来である。


10月5日にモディ首相と会談し、一緒にバンガロールへ飛んでボッシュ工場を見学した。「ドイツの技術とインドのIT技術の連合により、独印経済協力は新しい地平を開く」などとして、さかんな投資への意気込みをみせた。当面、一億ユーロの対インド追加投資を発表した。


モディ首相は14年にドイツを訪問し、ハノーバーメッセでABB社のブースを見学し、両腕ロボットの展示に見入ったことがあり、積極的にドイツ企業のインド進出をプロモートしてきた経緯がある。


それにしても中国一辺倒だったドイツも、VWスキャンダルに加えて中国経済の失速を目の当たりにし、中国への態度を一変させたのかも知れない。


それとも、これは地殻変動のはじまりなのか。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 宮崎正弘 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 22:23 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010909
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE