<< 踏みとどまった内閣支持率42・6% 安保法制「必要」7割   古沢襄 | main | 第2次ソロモン海戦 衝撃、爆弾命中の瞬間   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







進次郎氏は“更迭”? 復興政務官退任   古沢襄

■副大臣・政務官人事 


第3次安倍改造内閣発足に伴い、副大臣・政務官人事が9日、決定した。去就が注目されていた小泉進次郎氏(34)は丸2年間務めた復興政務官を退任し、政府を離れることになった。


進次郎氏は最近、政府や自民党に対する批判的言動を繰り返し、党幹部の反感を買っていたことから、事実上の“更迭”といえなくもない。今後、党で主要ポストを得ることになるのか、それとも無役を貫くのか−。


進次郎氏は2013年9月、内閣府兼復興政務官に就任した。それまで自民党青年局長として「被災者に寄り添う」と被災地支援に奔走、希望通り復興政策に携わるポストを射止めた。


政務官となった進次郎氏は頻繁に被災地に足を運び、安定した答弁で国会審議も難なくこなしたが、「組織を動かして大事業を成し遂げたとはいえない」(自民党中堅)といった声もある。


そもそも、副大臣・政務官ポストは内閣改造の度に総入れ替えするのが通例だ。丸2年間も政務官を務めた進次郎氏の退任は当然といえるが、安倍晋三首相サイドの「入閣要請」を断った進次郎氏が、涼しい顔で復興政務官を続けることは困難だったはずだ。


政務官人事は、100人を超える衆院当選2回生を中心に「順当」に起用された。(産経)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 16:38 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010906
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE