<< またも報告延期通告 被害者家族の思いに政府は応えることができるのか   古沢襄 | main | 安保法案賛成派は「悪」なのか SNSにあふれる根拠のない断言   阿比留瑠比 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







ロシア クリミアに中距離爆撃機配備を計画   古沢襄

■核兵器も搭載できるツポレフ22M3を想定


ロシア軍の当局者は、去年併合したウクライナ南部のクリミアに、核兵器も搭載できる中距離爆撃機を配備する計画を明らかにし、実際に配備されればウクライナや欧米の反発は避けられないものとみられます。


これは、ロシア軍の当局者が22日、ロシアのインターファクス通信に対して明らかにしたものです。


それによりますと、ロシアは、去年3月に併合したウクライナ南部のクリミアに、核兵器も搭載できる中距離爆撃機ツポレフ22M3の大隊を配備する計画があるということです。


そのうえでこの当局者は「アメリカがルーマニアで進めるミサイル防衛システムの配備計画への対抗措置の一つだ。将来的には連隊規模に拡大する可能性もある」と説明し、実際に中距離爆撃機が配備されれば、ウクライナや欧米の反発は避けられないものとみられます。


ロシアはこれまで、アメリカがヨーロッパで進めるミサイル防衛システムの配備計画について、地域の軍事的なバランスを崩すとして繰り返し非難してきました。


このためロシアとしては、ヨーロッパに近いクリミアに核兵器を配備することも辞さない構えを示すことで、クリミアはロシア領だと改めてアピールするとともに、アメリカに対しミサイル防衛システムの配備計画の撤回を強く迫るねらいがあるとみられます。(NHK)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 14:53 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010564
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE