<< アンカラのタイ大使館にウィグル人が抗議デモ   宮崎正広 | main | 米軍次期トップ「最大の脅威はロシア」   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







大河ドラマ「真田丸」 徳川家康役に内野聖陽さん   古沢襄

■来年の1月から1年間放送


戦国の武将、真田幸村の生涯を描く来年放送のNHKの大河ドラマ「真田丸」の新たな出演者21人が10日発表され、最大の宿敵となる徳川家康役を内野聖陽さんが演じることになりました。


来年の大河ドラマ「真田丸」は、幸村の名で知られる真田信繁が、家族の絆とみずからの知恵を頼りに戦国の世を駆け抜けるドラマで、原作はなく人気劇作家の三谷幸喜さんが一から脚本を手がけます。


10日は東京・渋谷のNHK放送センターで新たな出演者21人が発表され、すでに主役の信繁役が決まっている堺雅人さんも出席して会見が開かれました。


このうち、信繁の前に立ちはだかる最大の宿敵、徳川家康役を大河ドラマ「風林火山」で主役を務めた内野聖陽さんが演じることになりました。


また、信繁の兄で、のちに敵と味方に分かれて戦うこととなる真田信幸役は大泉洋さんが、信繁の父、真田昌幸役を草刈正雄さん、主人公の側室の「きり」役を長澤まさみさんが演じます。


会見では堺さんが、「非常にわくわくしています。信繁が戦国の武将たちに翻弄されたように私も共演の皆さんに翻弄されながらこの役を楽しみたいです」と話していました。


家康役の内野さんは「三谷さんの描く家康は思わず台本を落としそうになるくらい奇想天外でした。見ている人が驚くような家康をお見せできると思います」と話していました。


また、会見では、脚本を手がける三谷さんが突然、記者席から記者にふんして質問する場面もあり、思いがけない登場に出演者たちが驚きの声を挙げました。大河ドラマ「真田丸」は、ことし9月から撮影が始まる予定で、来年の1月から1年間放送されます。

 
<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 17:57 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010481
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE