<< 上海株式市場 終値は5.9%の下落   古沢襄 | main | 米株急反落、ダウ261ドル安 中国株急落への懸念が重し   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国株安、債券市場にも波及 高利回り債から幅広い銘柄に売り   古沢襄

[シンガポール 8日 IFR]中国株式市場の下落の影響が、債券市場に波及し始めた。株安で損失を被った投資家らが、現金需要のために債券を売却する動きが出ている。
 

香港を拠点とするある債券アナリストは「プライベートバンキングの顧客の一部からは、追加保証金(追い証)の差し入れのために債券を売っているとの意見が聞かれる」と話す。

 
オフショア債券相場の急落は、7日に始まった。高利回りの中国不動産会社の社債は流通市場で2.5ポイント前後下落。一般投資家、機関投資家を問わず売りを急ぐ状況となった。


パニック売りを静めるために政府が一連の方策を打ち出したにもかかわらず、7日の上海総合指数は1.3%下落した。信用取引のトレーダーらは午後2時ごろ、大口の売りを出し、相場全体が押し下げられたという。
 

8日、状況は悪化し、上海総合指数は5.9%安と下落率は拡大。一部の銘柄が売買停止になれば、他の銘柄が売りの対象となり、さらには債券にも売りが及んだ。当初はプライベートバンクによるハイイールド債への売りに限られていたが、やがては幅広い債券が売られるようになった。
 

あるトレーダーは「信用取引がすべての理由ではない。投資家は、いま起きていることを見過ごせないだけだ」と言う。「アジアの投資家は誰もギリシャのことなど気にしていない。中国株のボラティリティの高さを懸念しているように思える」
 

8日のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、中国の期間5年のスプレッドが103ベーシスポイント(bp)と、前日から5bp拡大し年初来で最もワイドな水準に。アジアの投資適格級のiTraxx指数は6bp拡大の119/121bpと、1月20日以来の水準にワイドニングした。
 

中国のある債券資本市場の関係者は「株安がついに債券市場に波及した」と指摘。「新発債をローンチするには、株式市場の安定化が必要だ」と述べた。(ロイター)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:31 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010465
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE