<< 「EUはチプラス首相を窒息死させる気。圧力に屈しない」   古沢襄 | main | 上海株式市場 終値は5.9%の下落   古沢襄 >>
急落する中国株式市場、奇妙な5つの特徴   古沢襄

中国の株式市場は政府による厳格な統制と個人投資家比率の高さという点で、世界でも独特な市場だ。


株価が急落する中、中国政府は下落を食い止めるため奔走しており、ますます特異な状況が生まれつつある。奇妙な5つの特徴点を挙げてみよう。


1.取引中止が最善策


データ提供会社ウィンドによると、中国市場に上場している銘柄のうち、約半分に相当する1400銘柄前後が8日時点で取引停止となっている。中国市場での取引停止は数日間から数年間続く可能性がある。しかし、中国の投資家は株式が取引停止となると大喜びする。なぜなら、株価にとって好材料となる再編のニュースが出てくる場合が多いためだ。


2.政府が相場押し上げのため大手国営企業の株を購入


こうした動きが市場をさらに歪めることは間違いないが、上海総合指数が最近の高値から約30%下落しているにもかかわらず、銀行株は高値圏で推移している。中国石油天然ガス(ペトロチャイナ)の時価総額は過去2週間に29%増加し、現在はグーグルの時価総額に迫っている。


3.ファンドマネジャーが自分のファンドを買わされている


相場が急落する中で、中国の投資信託を運用するファンドマネジャーの幹部らはそれぞれ50万元(約980万円)を自分たちが運用するファンドに投じ、1年間は売却しないことを約束している。


4.規制当局による救済を期待


米国では証券取引委員会(SEC)が株価を押し上げることは想像しがたいが、中国の投資家は中国証券監督管理委員会(CSRC)による株価押し上げを期待している。相場が急落した後、CSRCは新規株式公開(IPO)を中止するとともに、株式を買い支えるため資金を用意した。CSRCの肖鋼主席は最近、市場の安定を守る能力と自信があると発言した。


5.悪いのはいつも海外投資家


ネットでは、大学教授やプロの投資家からの批判が飛び交っている。外国資本による中国株の空売りが市場の急落を招いたと批判する内容だ。海外投資家は中国市場へのアクセスが限られており、株式保有総額は市場全体の2%未満に過ぎない。


今年から、海外投資家は上海と香港市場の相互取引を通して中国の個別銘柄の空売りができるようになっているが、ネイキッド・ショート・セリング(取引の裏付けとなる株式を確保せずに行う空売り)は禁止されている。実際には空売りはまだ行われていない。(ウオールストリートジャーナル)

 
<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:24 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010463
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE