<< 「使いたくなるロケットに」=H3開発責任者が会見   古沢襄 | main | 急落する中国株式市場、奇妙な5つの特徴   古沢襄 >>
「EUはチプラス首相を窒息死させる気。圧力に屈しない」   古沢襄

■最後通告に反発する“民主主義国家”ギリシャの人々


【アテネ=内藤泰朗】欧州連合(EU)が7日、ギリシャに対する事実上の“最後通告”を突きつけたことに対し、同国では、EUの策略との見方が強く、冷淡な反応となっている。


「EUははじめから従順でないチプラス首相を窒息死させるつもりだった」


5日の国民投票で、EUが求める財政再建策に反対票「オヒ(ノー)」を投じた女子学生のエバさん(21)はこう語り、「首相は、ずる賢く、冷血動物のようなEUの圧力や策略には最後まで屈しない。私たちも首相を支えていく」と、怒りに紅潮した顔つきで強調した。


反対票を投じた人の多くは、EUの「強硬姿勢はギリシャで逆に反EU感情を高めるだけで、問題の解決にはつながらない」との見方が強い。


ただ、EU案に賛成した会社員(55)も「どうせまた、首相は国民投票をやって国民の意見を聞こうとするのではないか。なんと言ってもギリシャは民主主義の国なのだから」と政府を嘲笑し、「EUはこれまでに少なくとも2回、ギリシャに『最後通告』を行った。3回目でも、何も変わらないと多くのギリシャ人たちは思っている」と、人々の反応が冷淡な理由を明かした。


賛成派のタクシー運転手(30)は「チプラス氏には、EUは圧力や脅迫というやり方は通用しない。同等のパートナーとして交渉しなければ、交渉は失敗する。でも、それは欧州のせいになってしまう」と述べ、先行きを憂えた。(産経)

 
<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010462
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE