<< 英総選挙、重要視される5つの理由   古沢襄 | main | 「慰安婦」は韓国が解決する問題   阿比留瑠比 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







北朝鮮で拘束の韓国学生、CNNが単独インタビュー   古沢襄

■韓国政府 釈放を要求

 
(CNN) CNNは4日、北朝鮮へ不法入国して拘束された韓国人学生、チュ・ウォンムン氏(21)に単独でインタビューした。チュ氏は不法行為を認めたうえで、「南北関係に良い影響を与えられると思った」と話した。


CNNの取材班は2日に北朝鮮に入り、チュ氏への取材を当局に要請していた。4日夜に当局から通知があり、平城市内のホテルでインタビューが実現した。


チュ氏はリラックスした表情で会議室へ入ってきた。重罪に問われる可能性を気にかける様子はなく、「どんな罰でも受ける」と語った。


同氏はソウル生まれで、2001年に家族とともに渡米した。米国の永住権を持ち、ニューヨーク大学に在籍している。


1学期間の休暇を取って米国を横断し、カリフォルニア州で仕事を見つけようと思ったが失敗。今年2月に「好奇心で」北朝鮮入りを思い立ってから、「ずっとそのことばかり考えていた」という。


4月22日に中国の遺跡、万里の長城の最東端に位置する丹東付近で越境した。2重の鉄条網を越え、農地を横切ると川があった。その川に沿って歩いている時、兵士らに拘束された。


「拘束されたいと思っていた」と、チュ氏は話す。「私が北朝鮮に入ることによって、何か素晴らしい出来事が起きるかもしれないと考えた」と主張する一方、それがどんな出来事かは分からないと述べた。


拘束後は家族や米当局、韓国当局と連絡を取っていないため、外部へ向けた発言はCNNとのインタビューが初の機会となった。「両親たちが心配するのも分かるが、その必要はないと言いたい。非常に人道的な扱いを受けている」


「健康状態は良好で、食事も十分に与えられている」と話す。ただしテレビやラジオの視聴はできず、インターネットや電話も使えない。訴追されるかどうか、今後家族との接触を認められるかどうかといった見通しについては聞かされていないという。


北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は今月2日になってチュ氏の拘束を報じた。韓国統一省の報道官は4日の定例会見で「チュ氏を家族のもとへ帰すよう、北朝鮮に強く求める」と述べた。


CNNは3日、スパイ容疑で北朝鮮に拘束されている韓国人2人にもインタビューした。その場には北朝鮮当局者が立ち会い、2人はそれぞれ不法行為を認めた。韓国政府はこの2人についても解放を求めている。(CNN)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 14:11 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1010084
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE