<< 橋下氏を辟易させた上西小百合氏の“ワガママ”ぶり   古沢襄 | main | 首相官邸屋上に「ドローン」落下   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







独 93歳の元ナチス親衛隊員 裁判始まる   古沢襄

ドイツで、第2次世界大戦中にアウシュビッツ強制収容所で30万人の虐殺に関わった罪に問われている元ナチス親衛隊員の93歳の男に対する裁判が始まり、ナチスの元関係者に対する最後の重大な裁判になる可能性があるとして注目を集めています。


第2次世界大戦中にナチス・ドイツの武装親衛隊の隊員だったオスカー・グレーニング被告(93)は、アウシュビッツ強制収容所に勤務し、1944年5月から7月にかけてユダヤ人など30万人の虐殺に関わったとして、殺人ほう助の罪に問われています。


ドイツ北部のリューネブルクで21日、始まった裁判で、グレーニング被告は、当時、ユダヤ人がガス室に送られ殺害されていたことを把握していたと起訴内容を認めたうえで、「道義的な責任があることに疑いはない。許してほしい」と訴えました。


グレーニング被告は、収容所に到着したユダヤ人の荷物から現金を奪って管理する係だったということで、以前から「自分は小さな歯車にすぎなかった」と釈明していました。グレーニング被告は、戦後ドイツで、ナチス時代の行為を公にした数少ない一人で、多くの関係者が沈黙を続けるなか、その行動を評価する声も上がっています。


ドイツの司法当局は、戦後70年を迎えた現在もナチスの犯罪の刑事責任を追及していますが、容疑者の高齢化も進んでいて、今回の裁判はナチスの元関係者に対する最後の重大な裁判になる可能性があるとして注目を集めています。(NHK)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 08:07 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009967
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE