<< 英紙報道「米国の打撃」 中国は早速「歓迎」   古沢襄 | main | 高高度防衛ミサイルは「韓国民守るシステム」   古沢襄 >>
北朝鮮が原発事業者へサイバー攻撃    古沢襄

■韓国が非難


【3月17日 ソウル/韓国 AFP】韓国政府は17日、北朝鮮が昨年12月に韓国の原発事業者に対し、サイバー攻撃を行ったと非難した。


韓国統一省は一連の捜査の結論として、サイバー攻撃の背後には北朝鮮がいたとし、「わが国の安全を脅かす明確な挑発だ」と糾弾した。


同省は声明で「わが国と国際社会を標的とする北朝鮮の執拗なサイバー攻撃を非難する」「わが国民の生命と安全を人質にとる」行為だと怒りをあらわにした。


昨年12月に攻撃を行ったハッカーたちは、マイクロブログのツイッター(Twitter)上で、韓国の原子炉の設計やマニュアルなどの情報、事業者である韓国水力原子力(Korea Hydro and Nuclear Power、KHNP)の従業員に関する個人情報を流出させた。


この情報流出を受け、韓国当局はサイバーセキュリティを強化し、専門家や政府高官、検察官を含めた捜査チームを立ち上げた。


捜査チームは17日の発表の中で、ハッカーは原子炉を故障させることを狙っていたが、制御システムへの侵入に失敗したと明かした。サイバー攻撃に使用された悪質なコードは、過去に北朝鮮が使用したものと似ていたという。(AFP)
 

<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 01:30 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009619
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE