<< 朝鮮系中国人女性が10億円を「提供」    古沢襄 | main | ハノイとマニラ(越比両国)が戦略的パートナーへ前進    宮崎正広 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







ネムツォフ氏暗殺、ロシア当局が容疑者に拷問?    古沢襄

■自白強制か


【3月12日 モスクワ/ロシア AFP】ロシアの野党指導者ボリス・ネムツォフ(Boris Nemtsov)元第1副首相が暗殺された事件で、同国政府の人権評議会は11日、実行犯の疑いが持たれている南部チェチェン(Chechnya)共和国出身の元警官ザウル・ダダエフ(Zaur Dadayev)容疑者が、捜査当局の拷問により自白を強要された可能性が高いとの見解を示した。


ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)露大統領に近く、当局のお飾りだと批判されることが多い同評議会が出したこの声明に対し、ロシア連邦捜査委員会(Investigative Committee)は怒りを表し、捜査への干渉だと非難。声明の意図を調査する可能性を示唆した。


ダダエフ容疑者はネムツォフ氏殺害を認める供述書に署名したとされており、8日には民間警備会社に勤務していたアンゾル・グバシェフ(Anzor Gubashev)容疑者と共に殺人容疑で訴追された。事件では、さらに3人の容疑者が拘束されている。


だが、ダダエフ容疑者はその後、10日に面会した人権評議会のアンドレイ・バブシュキン(Andrei Babushkin)氏に対し、自分は「無実」で、自白は強要されたためだと訴えたという。


バブシュキン氏はAFPの取材に対し、「ダダエフ容疑者が拷問を受けて自白したとの考えに至った理由がある」と説明。「われわれは捜査官ではないので、彼が拷問されたかの確認はできない。だが、彼の体には無数の傷があった」と述べた。(AFP)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 08:08 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009592
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE