<< 韓国大統領が駐韓米大使襲撃を非難    古沢襄 | main | リパート襲撃事件が米韓関係に与える影響    古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「オバマはなぜ変節したのか」と叫ぶ    古沢襄

■大使「80針縫う手術」と病院関係者 容体は安定


【ソウル支局】ソウル中心部の世宗文化会館で5日朝、講演のために朝食会に出席し、暴漢に襲撃されたマーク・リッパート駐韓米国大使(42)が、右頬からあごにかけて長さ10センチ以上、深さ3センチの傷を負い、約80針を縫う手術をしたことが分かった。病院関係者が明らかにした。


大使の容体は安定しているという。


聯合ニュースなどによると、取り押さえられた襲撃犯は市民団体代表を自称するキム・ギジョン容疑者(54)。


目撃者によると、キム容疑者は大使の円卓に歩み寄りあいさつを求め、立ち上がった大使にいきなり切りつけた。男が「オバマ(米大統領)はなぜ変節したのか」などと叫ぶ声が聞こえたという。


周囲にいた数人の男性らが飛びかかってキム容疑者を組み伏せる間も「訓練反対」などと叫んでいた。


現場は在韓米国大使館の向かいにある大型の会合施設。大使は講演のため出席し、最前列のテーブルで関係者と歓談している際に襲われた。(産経)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 17:24 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 17:24 | - | - | pookmark |







コメント
今回の事件の被害者が駐韓日本大使だったらもっと複雑になるところだった。
アメリカも韓国がどういう国か身をもっておわかりいただけたと思う。

容疑者も直接の日本がらみの暴言でなく韓米関連はとりあえずホッとする。
M.リッパート大使の一日も早い回復を、優秀な美容整形外科医スタッフが控えています。
| Ken. | 2015/03/05 6:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009552
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE