<< お江戸の”鍋焼きうどん”    古沢襄 | main | 過激派組織IS より過激なグループが主導権か    古沢襄 >>
「大臣のクビを取ること」が目的化した週刊誌報道に“疑問”    古沢襄

■「民主」が手柄のように追及


『週刊新潮』(14年11月6日号)のスクープに端を発した西川公也農水相の政治資金問題、ついに辞任にまで。そして電光石火の農相交代劇。


で、今度は『週刊文春』(3月5日号)が下村博文文部科学相の政治資金疑惑を“スクープ”。


〈日本の青少年の教育を担う文部科学省から、下村氏は一刻も早く去るべきだ〉とエライ見幕(けんまく)だ。


問題とされているのは下村氏を応援する「博友会」という組織。全国に10団体あるが、そのうち政治団体として届け出されているのは東京博友会のみ。


全国の博友会では年1、2度会費制で下村氏の講演会を開催しているが、下村氏の政治資金集めではないか、これは違法ではないかというのだ。


かつ下村氏に講演料が払われているのに所得等報告書に7年中2年分の記載がない−。


■下村事務所の回答。


「『●●博友会』はあくまでも有志個人の集まりに過ぎず、年に一度程度下村を招いて懇親会をやる程度(中略)特に他から寄付を受けたりしていることもなく、(中略)継続的・組織的に政治活動をしていることはなく貴誌のご指摘とは事実関係が異なります」


『文春』は次号でも追及を続けるそうだが、こういう形で大臣のクビを取ることが目的化している週刊誌報道には、やや疑問。民主党が自らの手柄のように国会で居丈高に追及しているのもしゃらくさい。


『週刊ポスト』(3・6)「株価予測記事はなぜこんなに外れるのか」


『週刊現代』や日経新聞株価予測のいい加減さをあげつらっているのだが、自らには大甘。


前号に続き『週刊新潮』(3月5日号)が菅直人元総理の“相続税対策”をしつこく追及。「市民派『菅直人元総理』の議員特権」


93歳の実母が銀行から〈1億7000万円程度〉の融資を受け〈金利のみの支払いで駐車場を経営〉。つまり〈相続税圧縮のお手本のような“荒技”〉。


「元総理」の肩書が泣く。(花田紀凱『WiLL』編集長の週刊誌ウォッチング)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 09:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:27 | - | - | pookmark |







コメント
 追求している民主党柚木議員は我が選挙区。県連の親分が江田五月。所属が菅直人グループ。隣の選挙区津村君も同じ。二人共人物に問題はありませんが親分がよろしくない。自民の逢沢より上なのだが。残念です。
| momo | 2015/03/01 2:43 PM |
予算委員会中継をインターネットで毎夜視ている。
花田編集長の感想は実に時宜を得ている。野党、特に民主党は党首を先頭に、安倍政権の政策批判を行う能力が無い為、死滅した日本社会党の審議手法を踏襲し、揚げ足取り、審議拒否、些末な政治資金問題追及という「55年体制Method」を駆使して何とか審議を遅らせようと必死の形相である。
しかし有権者は今日本国がまさに歴史的累卵の危機に瀕していることをよく理解しており、民主党の正体もよくわかっている。いくら今の批判努力を重ねても安倍内閣、自民党への支持率が上がることはあっても下がることはない。予算案、他の各法案も時期が来れば多数決で決めればよい。付け加えておくが日本維新の党も東京勢は民主党と合併したらどうですか。江田代表と岡田代表、どこが違うのですかね。同じでしょう。
| yosi | 2015/03/01 11:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009515
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE