<< 「息子は殺害とは無関係」    古沢襄 | main | 反プーチン派暗殺で本格捜査 モスクワ時事    古沢襄 >>
「逮捕の別の少年と一緒に現場にいた」    古沢襄

■18歳の少年は「何も言いたくない」


川崎市の河川敷で、中学1年の男子生徒が殺害され、知り合いの少年3人が逮捕された事件で、このうちの1人が事件現場に逮捕された別の少年と一緒にいたことを認めているということで、警察は当時の状況について詳しく調べています。


この事件は今月20日、川崎市の中学1年生、上村遼太さん(13)が、多摩川の河川敷で首を刃物で刺されるなどして殺害されたもので、いずれも川崎市内に住むグループの18歳と17歳の少年合わせて3人が27日、殺人の疑いで逮捕されました。


調べに対して、18歳の少年は「何も言いたくない」と話し、17歳の2人は容疑を否認しています。しかし、17歳の少年の1人は「自分は近くにいただけです」と話したうえで、上村さんが殺害された事件現場に逮捕された別の少年と一緒にいたことを認めているということです。


また、警察が事件現場付近の防犯カメラの映像を解析した結果、事件が起きたころに写っていた複数の人物は逮捕された3人と上村さんとみられることが分かりました。こうしたことから、警察は逮捕された3人がいずれも現場にいたとみて、当時の状況について詳しく調べています。(NHK)


■上村遼太さんが殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された少年らの特定に威力を発揮したのが、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の通信記録と現場周辺の防犯カメラだった。いずれも「現代捜査で欠かせないツール」(警察幹部)とされ、神奈川県警川崎署捜査本部は事件発生から1週間後の逮捕にこぎつけた。


■160カ所のカメラ映像解析


捜査関係者によると、上村さんは20日午前2時ごろに殺害されたとみられ、現場近くに設置された防犯カメラには、上村さんに似た人物ら4人以上が河川敷へ向かう姿が写っていた。その後、カメラは3人が戻ってくる姿を捉えており、捜査本部はこの3人が何らかの事情を知っていると判断。3人が上村さんと体格がそれほど変わらないことなどから、早い段階から未成年による犯行の可能性が浮上していた。


捜査本部が映像を解析した防犯カメラは計160カ所に上ったが、映像は不鮮明な部分もあり、「慎重にならざるを得なかった」(捜査関係者)という。


■数日前「殺されるかも」のメッセージ


一方、上村さんは事件前、少年らからLINEでメッセージを受信したとみられ、殺害される数日前には、上村さんが「殺されるかもしれない」と同級生の女子生徒にLINEでメッセージを送っていた。


捜査本部はLINEの運営会社に通信記録を照会。少年らの直前の行動や、上村さんとの関係性の把握などに活用した。


現場周辺で600人以上に聞き込みを実施し、交友関係を調べるため親族や友人ら計15人前後からも聞き取りを行った。友人らによると、上村さんは昨年11月ごろから、3人を含む年上のグループと関わるようになったが、その後、「やめると言ったら暴力も激しくなった」「殺されるかもしれない」などと友人に漏らしていたという。


LINEのメッセージは一定期間、同社のサーバーで保管されており、警察などの正式な要請があれば提供しているという。警察幹部は「最近の少年・少女は四六時中、LINEで連絡を取り合っており、少年事件の捜査には不可欠だ」としている。(産経)


■18歳の少年の親は「息子は殺害とは無関係」だって?


18歳の少年は犯行時間に家にいたとアリバイ主張をしていたが、いまは「何も言いたくない」と口を閉ざしているという。喋れば取り調べで矛盾を突かれるから、弁護士が黙秘するよう言ったのではないか。


親の方は「息子は殺害とは無関係」と主張。犯行時間には息子と家にいたアリバイがあるということの様だが、親族のアリバイは証拠として認められない。


焦点は一緒に逮捕された17歳少年の「犯行現場に18歳少年と一緒にいた」という証言。これとて証言を翻す可能性があるから全面的に信用するわけにはいかない。


もう一人の17歳少年は殺害容疑を否認している。この少年が「18歳少年と一緒にいた」と認めればアリバイは崩れるが、13歳少年の上村遼太さんをナイフで刺した犯行の実行者は誰なのか。


リーダーの18歳少年が自分では殺害の手を下さず命令しただけで実行者は他の少年という可能性も捨てきれない。川崎署の取り調べが慎重だったのは、この点なのだろう。


そのひとつ、ひとつの状況証拠を積み重ね、証言の矛盾を質す少年犯罪だから一気に解決とみるわけにはいかない。今後の取り調べは検察に移るが、逮捕者の公判維持のためにさらに慎重な証拠の積み重ねが必要になるだろう。


28日午前七時現在のブログ・トップ10でも川崎の少年犯罪の記事が多くを占めている。読者の関心も集中している。


 崑子は殺害とは無関係」    古沢襄
⊃景控者が何でも知っていると思うのは”思い上がり” 古沢襄
リーダー格、「暴力ひどかった」証言も アニメ好き  古沢襄
ぢ腓なマスク、ポケットに手を入れ    古沢襄
ゥ廖璽船鷸瓩描く「支配地図」    古沢襄


Α崑僂┐蕕譴覆い曚疋ルーイ人々」  古沢襄
中1生徒殺害事件 18歳高校生を逮捕  古沢襄
米国でレノボとアリババを標的に「集団訴訟」が六件 宮崎正広
中国、南沙諸島で大規模な埋め立て   古沢襄
ベルギー検察、アテネで逮捕の1人引き渡し要請   古沢襄


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:37 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009512
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE