<< 新聞記者が何でも知っていると思うのは”思い上がり”    古沢襄 | main | 「逮捕の別の少年と一緒に現場にいた」    古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







リーダー格、「暴力ひどかった」証言も アニメ好き    古沢襄

川崎市の中学1年上村遼太君(13)殺害事件で逮捕された少年(18)は、市内のゲームセンターなどで遊んでいたグループのリーダー格だった。


中学生らの面倒を見ていたという証言がある一方、グループの関係者は「暴力がひどかった。グループから抜けたい人は何人もいたが、怖くてできなかった」と話す。


少年は地元の中学校を卒業。同級生によると、当時は目立たない存在だった。神奈川県内の高校に進学、先輩は「アニメが好きだった」と話す。


川崎署捜査本部によると、約半年前に高校をやめ、逮捕時は職業を「無職」と説明した。


少年のことをよく知る男性や、一緒に遊んだことがある中学校の男子生徒によると、グループは中学生から20歳ぐらいまでの10人前後。中学校の学区はさまざまで、ゲームセンターを中心に出会ったらしい。(産経)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 04:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 04:46 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009510
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE