<< 楽観許さぬモスル攻略戦    古沢襄 | main | 楽観的なCNNのモスル奪回作戦    古沢襄 >>
イラク軍、4月にもISIS主要拠点奪回へ    古沢襄

■2万5千人投入 米軍当局者


(CNN) 米政府当局者は21日までに、イラク軍が今年4月もしくは5月にイスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が制圧する北部の主要拠点モスルの奪還作戦に踏み切るとの見通しを示した。


投入する兵力は最大で5旅団の2万5000人。ISISは昨年6月、モスル市を掌握したが、この際に武器を捨て、敗走するイラク軍の姿は同軍の戦闘能力の欠如を見せ付ける結果となっていた。


イラクのアバディ首相は最近、英BBC放送に対し、モスルで今後数カ月内に攻勢を仕掛けるとし、勝利の選択肢しかないとも言明していた。モスルは同国第2の都市で奪回に成功すれば、ISIS掃討に弾みが付く可能性もある。


モスル奪回作戦には、イラク北部のクルド地域政府の治安部隊「ペシュメルガ」も一定の役割を担う予定。アバディ首相は、イラク軍とペシュメルガはISISを打ち破るため堅固な共闘態勢を築かなければならないと強調した。


米政府当局者によると、モスルの警察と部族の武装組織も奪還作戦に加わる見通し。ペシュメルガについては補完的な役割にとどまるとし、モスル進攻ではなく同市北部や西部でISISの補給線や退避経路を寸断する任務に当たると予想した。


ただ、奪還作戦の成功を疑問視する見方はペシュメルガ内にある。高位司令官は作戦は現実的ではないとし、イラク軍だけが実行するのであれば、うまくいかないと指摘。「イラ軍には戦う準備がない」とも言い切った。


米政府当局者によると、モスル内に配置されるISIS戦闘員は推定で1000〜2000人。イラク軍の攻撃に脅威を感じた場合、戦闘員が追加招集されるだろうとも述べた。
 

イラクでのISIS掃討作戦を主導する米中央軍当局者は最近、モスルの攻略作戦は6月半ばから7月半ばまでの断食月や夏の熱波を回避するため、4月もしくは5月に実行するのが望ましいとの考えを示していた。


モスル奪還作戦が実行に移された場合、米軍の役割も焦点となる。イラク内での米軍の任務は現在、オバマ政権の意向もあり、ISIS拠点への空爆とイラク軍訓練の教官役に限られている。


しかし、オースティン中央軍司令官と米軍制服組トップのデンプシー統合参謀本部議長は先に、空爆のより正確な標的設定などで少人数規模の米軍兵士の地上配備が必要になる可能性に言及。中央軍当局者は今月、ISISがモスル周辺の防御態勢を強化した場合、軍事標的の特定などでイラク軍を手助けする必要性が一層高まるとの見方を示していた。(CNN)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009466
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE