<< エジプト、リビアの「イスラム国」系施設を空爆    古沢襄 | main | トップ記事で読まれた能登半島沖不審船事件    古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







IS拠点空爆のエジプト 有志連合に支援を要請    古沢襄

エジプト政府は、過激派組織IS=イスラミックステートが北アフリカのリビアでエジプト人21人を殺害したことへの報復として16日、リビア国内のISの拠点に軍による空爆を行ったうえで、アメリカが主導する対ISの有志連合に対し支援を要請しました。


エジプト軍は16日、過激派組織ISがリビアで拘束していたキリスト教徒のエジプト人労働者21人を殺害したとする映像をインターネット上で公開したことへの報復として、リビア東部にあるISの拠点に対する空爆を行いました。


空爆はリビアの空軍と共に行われ、エジプト軍によりますと、これまでにISの訓練施設や武器庫などを破壊したということで、エジプトの国営メディアはリビア軍の司令官の話として戦闘員64人を殺害したと伝えています。


そのうえで、エジプト外務省は声明を出し、「国際社会はテロ組織に対し、速やかに行動を起こす責任がある」として、アメリカ主導の有志連合に対し、シリア、イラクだけでなくリビアでもISの掃討に乗り出すべきだとして支援を要請しました。


エジプト軍は、東部のシナイ半島でISの支部を名乗る武装組織に対する掃討作戦を続けています。


このため、西隣のリビアにISの脅威が広がることに危機感を強めており、エジプト政府は今後、リビアへの介入を国際社会に求めていくものとみられます。


■フランスから戦闘機購入も


エジプトは、過激派組織ISなどのテロ組織との戦いを推し進めるために、フランスからラファール戦闘機24機や艦船などの購入契約を結び、購入額は50億ユーロ以上に上ると伝えられています。


エジプト軍は、リビアでは16日からISの拠点に対する空爆に乗り出したほか、東部のシナイ半島ではISの支部を名乗る武装組織との掃討作戦を続けており、兵器の近代化が喫緊の課題になっていました。


フランスがラファール戦闘機を輸出するのは初めてだということです。(NHK)
 

<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:01 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009429
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE