<< 朝鮮総連本部「継続使用」 日本政府“沈黙”の裏側    古沢襄 | main | 米国、サイバー戦争にいよいよ本腰    宮崎正広 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







人質女性死亡で首相が米に弔意    古沢襄

■人質の米女性「私はくじけません」…家族に手紙

安倍晋三首相は11日、過激派組織「イスラム国」に拘束されていた米国人女性ケーラ・ミュラーさんが死亡したとの米政府発表を受け、弔意のメッセージを公表した。


「衷心より哀悼の意を表する。この困難な時にあって、米政府と米国民に対し、揺るぎない連帯を表明する」とした。
 
併せて、日本政府がテロとの戦いで国際社会と連携し、中東向けの人道支援を拡充する方針を重ねて示した。(ロイター)


■死亡した米国人女性ケイラ・ミューラーさん(26)の家族が10日、「イスラム国」に拘束中のミューラーさんから家族に送られた手紙を公表した。
  
 
ロイター通信によると、手紙は昨年春に書かれ、解放された人質に託されたという。


手紙では「私は安全な場所にいて、危害も加えられず健康です」と身の安全を伝え、「10年も隔離されているかのようで、家族に会えなくてさみしい」と心情をつづっている。

家族は身代金を要求されていたが、「私の解放交渉をみんなの義務にしたくない。重荷になるべきではありません」と解放交渉に応じないよう求め、「(拘束が)ここまで長くなると思わなかったけれど、私はくじけません。どんなに長くかかっても負けません」と記している。(読売)
 

<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:47 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1009400
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE