<< 米軍主導のシリア空爆、開始から1か月 死者553人    古澤襄 | main | 書評 『軍事力が中国経済を殺す』    宮崎正弘 >>
原油価格下落の背景にある産油国の思惑    宮崎正弘
■シェールガス開発を牽制

原油安に乗じて中国のスーパータンカー80隻がフル稼働している。

原油安で悲鳴を上げたのはロシアとベネズエラである。ほかの産油国も歳入が減るので憂鬱だが、中東で紛争が深刻化しているとき、普通なら原油代金は高騰するはずなのに、なぜサウジアラビアは原油価格を下げたか?

第一に米国のシェールガスへの牽制、あるいは開発妨害である。シェールガスより原油が安くなれば、当面、ガス開発が遅れるからだ。

第二にはサウジアラビアのシェア回復であり、ちなみにドバイ標準は一バーレル82ドル25セント(10月23日)。

さて、この原油安をチャンスとばかり20万バーレルを積載できるスーパータンカーを80隻もフル稼働させて備蓄を急いでいる国がある。中国だ。

中国の輸入石油は19%がサウジアラビアからで、以下、ベネズエラ、アンゴラ、スーダンなど遠い産油国から運ばれ、現在推計で一日1600万バーレルを輸入していると推定されている。

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:34 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1008543
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE