<< みんなの党、四分五裂の危機    古澤襄 | main | スコットランド住民投票 最終盤まできっ抗    古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







英首相 「イスラム過激派組織 壊滅を」    古澤襄
■人質となった人たちの救出作戦を成功させよ

”首斬り”映像を公開して相手国を脅すというイスラム国の手口は、およそ中世の暗黒時代に逆戻りした様な感じと衝撃を与えた。世界の反発を招くだけだが、当該国の政権にとっては難しい対応を迫られる。

英国人を殺害されたキャメロン首相はイスラム過激派組織の脅迫に屈せず「過激派組織の壊滅を目指す」と述べたが、イラクでの空爆で報復すれば、もう一人の英国人も殺害される公算がある。

イスラム過激派組織に捕まっているのは日本人一人を含めて20人とも数十人とも言われている。シリア空爆を実施すればイスラム国は次々と”首斬り”処刑で対抗してくる。

米国も英国も人質となった人たちの救出作戦を行っているが、いずれも失敗している。しかしイスラム過激派組織の蛮行を阻止するためには、救出作戦を続行し成功させるしかない。

■イラクやシリアで勢力を拡大しているイスラム過激派組織が、イギリス人の男性を殺害する映像をインターネット上に掲載したのを受けて、イギリスのキャメロン首相は「われわれは過激派組織の壊滅を目指す」と述べて、今後もアメリカが行う軍事作戦への協力を続ける考えを示しました。

この映像は、イラクやシリアで勢力を拡大する過激派組織「イスラム国」が13日、インターネット上に公開したもので、覆面の男がNGOで働くイギリス人とみられる男性を殺害したうえで、アメリカの軍事作戦に協力するイギリス政府を強く警告する様子が映し出されています。

イギリス政府は、この映像について「本物とみられる」として、実際にイギリス人の男性が殺害されたとの見方を示しています。

これについてキャメロン首相は14日、テレビ演説を行い、「われわれは殺害した犯人を突き止め裁きにかける」と述べて、強い決意を示しました。

そのうえで「今後は一歩ずつイスラム国に反撃し、最終的には組織の壊滅を目指す」と述べて、アメリカの軍事作戦への協力を続け、イスラム国を追い詰める考えを示しました。

イスラム国を巡っては、15日にフランスのパリで各国の外相級が参加する対策会議が開催される予定で、国際社会による協力などが話し合われる見通しです。

「殺害した犯人を裁きに」イスラム過激派組織「イスラム国」がイギリス人の男性を殺害する映像を公開したことを受けて、男性の家族のマイケル・ヘインズさんが14日、イギリスのテレビ局のインタビューに答えました。

ヘインズさんは殺害された男性の兄弟で、「彼は厳しい状況にある人たちのために働くことを喜びとしていた。彼が聖人だったかと問われればそうではないし、彼も多くの過ちを犯してきたが、仕事を通して、よりよい人間であろうと努力していた」と話しました。

そのうえで「イスラム国はとても危険で、すべての国家、宗教、そしてすべての人にとって脅威となっている。私たち家族は、イスラム国に入って戦っている人物を特定し、行動の責任を取らせてほしいと思う」と述べて、家族を殺害した犯人を裁きにかけてほしいと訴えました。(NHK)

杜父魚文庫
| - | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 08:28 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1008197
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE