<< 英国人「殺害」を非難=米大統領    古澤襄 | main | みんなの党、四分五裂の危機    古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







朝日新聞危機 社説で謝罪も新規広告獲得は困難に    古澤襄
こうポロポロ誤報や捏造記事が出てくる様では、販売収入はガタ落ち、東スポは朝日を叩き続ける報道で評価された産経新聞に乗り換える人が出ているという。広告収入も減少しているという。

朝日新聞は13日付の紙面で、5月20日付朝刊で報じた「吉田調書」報道の間違いを認めて記事を取り消したことを受け、抗議書を送っていたジャーナリストや雑誌、新聞社におわびの意思を伝えたことを明かした。また、謝罪会見の記事と木村伊量社長のおわびの言葉を、英語、中国語、韓国語に翻訳し、朝日新聞デジタルや英語サイトAJW、中国語サイト「中文網」などで配信したという。

さらにこの日の社説では「朝日新聞は、戦後に例がない大きな試練を自ら招いてしまいました」との書き出しで、改めて数々の失態を謝罪。読者投稿欄の「声」でも、「サンゴ事件の反省を忘れたのか」といった厳しい意見を多数掲載した。

ひたすら平身低頭の姿勢だが、だからといって朝日バッシングがやわらぐ気配は今のところない。政府、与野党を問わず、批判はエスカレートする一方だ。そのため、販売部数のダウンは拍車がかかるとみられている。

「販売店の間では、大誤報を繰り返した朝日から、朝日を叩き続ける報道で評価された産経新聞に乗り換える人が出てきていると言われています」とメディア関係者。


広告収入も減少しそうだ。大手広告代理店関係者はこう明かす。

「今後、朝日が新規の広告クライアントを獲得するのは難しくなりそう。もし、新規で出稿しようものなら『お宅はあんな誤報をした朝日に広告を出すようになったんですか?』と、そのクライアントにクレームが寄せられそうだから。我々の間ではそんな話が出ています」

朝日では吹き荒れる逆風を少しでも抑えようと“珍指令”も出されているという。

「週刊誌に掲載されている朝日バッシングの記事のネタ元は、朝日社員と上層部はみている。だから、リークして会社のイメージを悪くするくらいなら、個人のツイッターでマイルドにつぶやいてくれ!と社員に指示が出ているんです」と朝日関係者は話すが、果たして効果はあるか。(東スポ)

■任天堂記事で朝日新聞おわび=社長に取材せず、発言掲載

朝日新聞は14日付朝刊で、2012年6月8日付の任天堂の岩田聡社長に関する記事が、実際には任天堂のホームページの動画の発言内容をまとめたものだったとするおわび記事を掲載した。

問題の記事は、経済面に掲載された「ソーシャル時代、どう対応?/ゲーム大手4社に聞く」。このうち岩田社長の発言部分は、取材を申し込んだが了解が得られなかったため、動画の発言内容をまとめて記事にしたいと任天堂に伝え、了解を得たと思い込んだという。

掲載後に任天堂から「インタビューは受けていない」と抗議があり、謝罪した。

朝日新聞は、おわび記事で「本来ならインタビューを受けた他の3人とは体裁を変え、動画内の発言であったことを明記するべきでした」としている。外部から指摘があり、紙面でおわびする必要があると判断したという。(時事) 

杜父魚文庫
| - | 14:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 14:09 | - | - | pookmark |







コメント
朝日新聞の慰安婦捏造は人間の持つ悪と醜の展示場である。
その所業は固よりその後の身の処し方を見ると、とても日本人とは思えない。同社には今もって尾崎秀実という根っからの売国奴社員の伝統が脈々と続いているのであろう。朝日は新聞というものの信頼を地に落としせしめた。
しかし一方、阿比留瑠比記者をはじめとする産経新聞の諸記者の雨垂れの巌を穿つような気の遠くなるような努力には深い感謝と尊敬の念を覚える。新聞は死なず、である。
| yosi | 2014/09/14 11:18 PM |
皆様、

「誤報」という表現をやめませんか。

朝日の一連の記事は、朝日の奢りと日本への悪意が根底にあります。
「誤報」と表現すると、あたかも「過失」によって引き起こされたような印象となり、事態の本質を曖昧にし、朝日の責任を稀釈します。
はっきりと、朝日の「捏造」記事と書きましょう。

そして、あらゆる場面で朝日を拒否することです。


それが朝日への回答です。
| HM生 | 2014/09/14 4:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1008195
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE