<< 朝日新聞 「吉田調書」記事取り消し    古澤襄 | main | 出口戦略なき米国の「イスラム国」掃討作戦    古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国、米国のイスラム国掃討作戦に慎重姿勢を示す    古澤襄
[北京 11日 ロイター]中国は11日、米国の「イスラム国」への対応を受けて、世界はテロ活動と戦う必要があるが各国の主権は守られるべきだと表明し、慎重姿勢を示した。

オバマ米大統領は10日、イラクとシリア領内の「イスラム国」を掃討すると表明した。

中国外務省の華春瑩報道官は、世界はテロの脅威と直面しており、国際協力に対する「新たな試練」になっているとコメント。「中国はあらゆるテロに反対する。そして、当該諸国が国内の安全と安定を維持するための努力を援助するなど、国際社会が協力してテロと戦う考えを支持する」と述べた。

その一方で「同時に、テロとの戦いにおいては国際法が順守され、各国の主権と独立には敬意が払われるべきだ」と述べた。

中国はイラクでの衝突や「イスラム国」の台頭に対し懸念を表明してきた一方、シリアへの外国からの軍事介入にも反対を表明している。(ロイター)

杜父魚文庫
| - | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 20:37 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1008165
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE