<< 書評『ルーズベルトの開戦責任』     宮崎正弘 | main | NATOの新方針、ウクライナと中東の危機解決には疑問符    古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







東京、大阪で朝日は読売にトップ・シェアを奪われた     古澤襄
朝日新聞の発行部数が急落していると噂になっているが一般にはそのデーターが分からない。もう20年前のことになるが共同通信社の役員時代に電通幹部に広告価格の基礎データーとなる日本ABC協会の「新聞発行社レポート 普及率」を見せて貰った。

各新聞社は広告価格を高めに設定したいから、これとて正確な部数調査とはいえないが、一応の目安にはなる。20年前には東京地区の一位は朝日だが、関東各県では読売が一位。

地方では共同が記事配信している県紙が高い普及率を示して一位となっているところが多い。二位は朝日と読売が激しい部数競争を示していた。総じて言えるのは大都市圏では朝日が優勢で地方圏では読売が優勢という傾向が読みとれた。

20年後の今日、それがどうなっているのか興味があるので、2013年7月〜12月平均の日本ABC協会の「新聞発行社レポート 普及率」を入手した。

細かい数字は一般には必要ない筈だから、各都道府県の新聞普及率を一位、二位、三位で示してみる。衝撃的だったのは大都市圏の東京、大阪で強かった朝日が読売にトップの座を奪われている。新聞の経営でいえば、人口が集中する大都市圏で部数を伸ばし、広告収入を維持することが絶対的な条件である。

語弊があるかもしれないが、人口減少圏で発行部数のシェア争いをするのは経営上は効率的ではない。ネット情報時代に入って、全体の新聞部数は伸び悩みどころか減少傾向をみせている。それだけに東京、大阪で朝日と読売が激烈な部数競争をしてきた。

東京における朝日と読売の逆転現象がいつから顕著になったのだろうか。朝日が慰安婦に関する記事の一部を「虚偽」と認めて取り消したことは最近のことである。だから慰安婦問題で部数が大幅に減り、明日にも朝日が倒産するという極論には組みしない。

むしろ朝日の部数減がかなり以前から発生していて、そこに慰安婦記事の虚偽攻撃が加わったので、危機感をもった朝日経営陣が取り消しに踏み切ったとみるべきだろう。

しかし取り消しが火に油を注いだ面は拭えない。週刊誌までが朝日攻撃を始めている。読売はここぞとばかり朝日攻撃に力を入れている。朝日は明らかに戦後初めて経営上の危機に直面しているが、それをどう突破するのだろうか。

各都道府県別の部数傾向(一位 二位◆∋旭稔)

北海道 )務て賛景広読売D日
青森県 ‥豈日報▲如璽蝓偲賈稔F蒜
岩手県 ヾ篌蠧報読売D日
宮城県 _亘命景鶚朝日F蒜
秋田県 ―田魁新報朝日F蒜
山形県 〇碍楚景広読売D日
福島県 (‥臾永鶚∧‥臾瑛ЛD日

茨城県 ‘蒜筬朝日K萋
栃木県 _写鄂景広読売D日
群馬県 ‐緻喊景広読売D日
埼玉県 ‘蒜筬朝日K萋
千葉県 ‘蒜筬朝日K萋
東京都 ‘蒜筬朝日F本経済

神奈川県 ‘蒜筬朝日F本経済
新潟県 /軍稙報読売D日
富山県 )牝本新聞読売K猛⊃景昂蓮ι抻蛙景
石川県 )猛⊃景后ι抻蛙景広中日新聞系・北陸中日新聞F蒜
福井県 (^羶景広読売F本経済

山梨県 〇獲日日新聞読売D日
長野県 /濃毎日新聞読売D日
岐阜県 |翔新聞岐阜新聞D日
静岡県 \轍新聞中日新聞D日
愛知県 |翔新聞朝日F本経済
三重県 |翔新聞朝日K萋

滋賀県 ‘蒜筬朝日5都新聞
京都府 ゝ都新聞読売D日
大阪府 ‘蒜筬朝日産経
兵庫県 /生与景広読売D日
奈良県 )萋朝日F蒜
和歌山県 ‘蒜筬朝日K萋

鳥取県 ‘本海新聞読売D日
島根県 〇咳中央新報読売D日
岡山県 〇獲杰景広読売D日
広島県 |羚饋景広読売D日
山口県 ‘蒜筬朝日K萋

徳島県 ‘租膺景広朝日F本経済
香川県 〇郵饋景広読売D日
愛媛県 ^ι何景広読売D日
高知県 々眞凌景広読売D日

福岡県 \焼本新聞読売∨萋
佐賀県 〆寛貎景広∪焼本新聞F蒜
長崎県 …杭蠖景広読売西日本新聞
熊本県 〃本日日新聞読売D日
大分県 ‖臺合同読売D日
宮崎県 ゝ楮蠧日新聞朝日F蒜
鹿児島県 ‘酘本新聞読売D日
沖縄県 [圧綽景鶚沖縄タイムスF本経済

杜父魚文庫
| - | 14:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 14:19 | - | - | pookmark |







コメント
日本で大阪だけ、産経がベスト3に入っている。これは興味深いです。
| momo | 2014/09/08 8:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1008124
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE