<< 笹井氏、3月に「心理的ストレス」で1か月入院    古澤襄 | main | 朝日新聞 慰安婦記事、一部取り消し    古澤襄 >>
理研の笹井副センター長が自殺、STAP論文指導役    古澤襄
【8月5日 東京 AFP】疑惑発覚後に撤回されたSTAP細胞論文の共著者の1人だった理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(Riken Centre for Developmental Biology、RIKEN CDB、神戸市中央区)の笹井芳樹(Yoshiki Sasai)副センター長(52)が5日、CDBに隣接する研究棟内の階段の踊り場で、首をつった状態で見つかり死亡が確認された。自殺とみられている。

兵庫県警によると、笹井氏は同日朝に発見され病院へ搬送されたが、午前11時3分に死亡が確認された。複数の遺書も見つかっており、NHKによるとうち1通は、STAP細胞論文を執筆したCDBの小保方晴子(Haruko Obokata)研究ユニットリーダー(30)に宛てたものだったという。

今年初めの論文発表時には「幹細胞研究を変えるゲームチェンジャー」と絶賛されたSTAP細胞研究を行った小保方氏の指導役だった笹井氏。しかし称賛を集めた研究は、小保方氏が捏造・改ざんしたデータを使用したとの疑惑の中、ほころびていった。

論文を掲載した英科学誌ネイチャー(Nature)は7月に入り、複数のデータの誤りなどいくつかの問題が見つかったとしてSTAP細胞の2論文を撤回したと発表した。疑惑を受けて笹井氏は小保方氏への指導の不備を問題視され、4月に開いた会見で謝罪していた。(AFP)

杜父魚文庫
| - | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 16:37 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1007788
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE