<< 「親子で学ぶ慰安婦」の嘘    阿比留瑠比 | main | 海江田民主党 甘い総括で再建できるのか    古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







海江田代表 引き続き党運営担う考え    古澤襄
民主党の海江田代表は党の両院議員懇談会で、「期待に応えられなかった点もあるが、熟慮を重ねた結果、今後も代表として取り組んでいきたい」と述べ、引き続き、代表として党運営を担う考えを表明しました。

民主党は、党内から、党勢の回復が進んでいないとして来年9月の海江田代表の任期満了を待たずに、代表選挙の前倒しを求める意見が出ていることも踏まえ、31日、この1年間の取り組みを総括する両院議員懇談会を開きました。

この中で、海江田代表は「安倍政権はこれまでの勢いが落ちており、今の政治に対する国民の不満や危機感が増している。問題は、その受け皿に民主党がなれるかどうかだ」と述べました。

そのうえで、海江田氏は「期待に応えられなかった点もあり、満点ではないが、熟慮を重ねた結果、今後も代表として取り組んでいきたい」と述べ、引き続き、代表として党運営を担う考えを表明しました。

そして、今後の方針について、集団的自衛権などの安全保障や社会保障の分野で、安倍政権との対決姿勢を鮮明にするとともに、国政選挙もにらんでほかの野党と統一会派を組むなど、野党間の連携を強化したいという考えを示しました。

これに対し、出席者からは「海江田氏の判断を尊重し、党が結束することを優先すべきだ」という意見が出される一方、閣僚経験者や若手議員などを中心に、「この1年間の成果が全く見えておらず、執行部は危機感がなさすぎる」、「今が党が再生するチャンスであり、党員やサポーターの意見も反映させて体制を改めるべきだ」などと、代表選挙の前倒しを求める意見も相次ぎました。

こうした意見に対し、海江田氏は「これまでに受けた意見は党の改革方針に反映させている。私は代表を続ける」と述べ、代表選挙の前倒しには応じない考えを重ねて示しました。

一方で、海江田氏は、大畠幹事長らの意見なども踏まえ、党運営の改革の一環として、代表選挙に関する規約について、党員やサポーターの意見をより反映させるため、今後、見直しに向けた検討を進める考えを示しました。

■海江田代表「歯を食いしばって党の先頭に」

民主党の海江田代表は、両院議員懇談会のあと記者会見し、「懇談会で出た多くの議員の意見をしっかり受け止めて、今後も歯を食いしばって、党の先頭に立ちたい」と述べ、引き続き、代表として党運営を担う意欲を強調しました。

また、野党連携について、「民主党が中心になって選挙協力を進めていけるように、秋の臨時国会の会期中に、ほかの野党と統一会派を組めるようにしたい。自民党と対じすることを明確にしていない政党とは無理だが、それ以外の政党とはできるだけ、ウイングを広げて協議していきたい」と述べました。

一方、執行部の人事については、「今は考えていない」と述べ、大畠幹事長をはじめ、現在の執行部体制を当面、維持していく考えを示しました。

さらに、代表選挙に関する党の規約の見直しについては、「先日、報告を受けた『党改革創生会議』による党の改革案にも盛り込まれている。改革案の中身を、ことし9月末までに区分けしたうえで、スピード感を持って実行していきたい」と述べました。

■岡田氏「前倒し議論はここで終わり」

民主党の岡田前副総理は記者団に対し、「海江田代表が、代表選挙を前倒しせずに、引き続き代表を続けると言った以上、前倒しの議論はここで終わりだ。海江田氏が代表を続けるかぎり、みんなで支えて、党としてまとまっていかなければいけない」と述べました。(NHK)

杜父魚文庫
| - | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 20:09 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1007739
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE