<< ルペン「国民戦線」はフランスの国益を追求している、まっとうな政党   宮崎正弘 | main | 石原新党20人超に=中田氏、「第三の党」断念   古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「STAP」白紙に…小保方氏、主論文撤回同意   古澤襄
理化学研究所は4日、小保方晴子ユニットリーダーが、研究不正と認定されたSTAP(スタップ)細胞の主論文について、撤回に同意したことを明らかにした。

英科学誌ネイチャーに掲載された2本の論文のうち、付属的な1本の撤回には既に同意していたが、主論文についても同意したという。ネイチャーが撤回を認める時期は不明だが、STAP細胞の存在を示す科学的な根拠はなくなり、当初、生物学の常識を覆すとされた成果は白紙に戻る見通しだ。

理研広報室によると、小保方氏は3日、論文の共著者の一人である丹羽仁史・理研プロジェクトリーダーに、撤回に同意する署名入りの文書を提出したという。今回、撤回に同意したのは、STAP細胞の作製方法や特徴をまとめた主論文。理研調査委員会が画像データに改ざんなどがあったと認定したが、責任著者の小保方氏は「STAP細胞はある」と主張し、撤回に反対していた。小保方氏が一転して同意した理由について、理研広報室の加賀屋悟室長は「確認していない」と話した。

主論文のもう1人の責任著者になっている米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授も、撤回について、著者間の話し合いに応じているという。(読売)>

■STAP細胞:論文撤回、小保方氏代理人は困惑

理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)が、STAP細胞論文の撤回に同意したことが4日明らかになり、研究成果は白紙になる見通しになった。ただ、理研は同意の理由を明らかにしておらず、撤回を強く否定していた小保方氏の突然の翻意に、研究に期待を寄せていた難病患者団体からは戸惑いの声が上がった。

小保方氏は共著者に書面で撤回を伝えたとされるが、代理人の三木秀夫弁護士は4日、毎日新聞の取材に対し「知らなかった。今日だけで情報が二転三転している」と困惑した表情を浮かべた。この朝電話した際には、撤回をテーマに共著者間で協議していると答えたという。「精神状態が悪い中で半ば脅迫的に同意がなされた可能性もある。本人の意思を確認したい」と首をひねった。

脊髄(せきずい)損傷の患者を支援しているNPO法人「日本せきずい基金」(東京)の大浜真理事長は、研究を利用した再生医療に大きな期待を寄せ、今秋開催するイベントに小保方氏を招くことを検討していた。「STAP細胞が無いのならiPS細胞しか頼るものがなくなる。論文が撤回された後も、理研はSTAP細胞があるのか無いのかはっきり白黒をつけてほしい。発表から撤回までの経過を分かりやすく説明すべきだ」と求めた。NPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」(東京都)の小林信秋会長は、「びっくりした。発表時には夢の難病治療が近い将来進むと期待した。本当に残念だ」と話した。

戸惑いは市民にも広がる。兵庫県加古川市の自営業、夏目好市さん(63)は「小保方さんは努力はしていたのだろう。だが、きちんとした論文でなかった。ノーベル賞級と言われていたのに残念だ」と話した。

論文不正に詳しい近畿大医学部の榎木英介講師(病理学)は「あれだけ撤回に抵抗していたのに、何があったのか。不正や疑義が多数指摘され、ボロボロだった論文の撤回は当然で、遅きに失した。理研は、これで不正調査を終わりにしてはいけない。徹底的に調査しないと、今後の教訓にならない」と指摘した。(毎日)>

杜父魚文庫
| - | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 13:45 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1007275
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE