<< 田母神俊雄氏が「石原新党」に参加    古澤襄 | main | 米下院本会議、中国に「民主活動家の解放」を要求決議   宮崎正弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







真の保守結集へ石原慎太郎さん、がんばろう   西村眞悟
二十八日夕刻、石原慎太郎氏が維新の会の分党を表明した。これは、「大阪市長の党」への三行半(みくだり半)であり、理由は言わずとも分かっていることだ。
 
石原慎太郎さんと平沼赳夫さんらに、この判断を促したものは、我が国を取り巻く内外の厳しい情勢と、祖国に対する政治家の使命感である。
 
今こそ、この厳しい情勢、即ち、国家的危機に対処し、これを克服するために、我が国は「本来の国家」を取り戻さねばならない。

この「本来の日本」を取り戻し国家の安泰を確保するために、自主憲法の制定は、政治家の国家・国民に対する政治的使命であり責務である。
 
この使命の観点から、石原さんは、三行半を投げたのだ。従って、これは、公の使命に生きるべき政治家として当然のことである。私は、この三行半を促し待っていた。

よって、これから、国家的危機の克服、救国のための真の保守集団結成への動きが始まる。始める。

そして、恐らく、この動きが最後のチャンスであろうと思う。何故なら、世界情勢の流動化と危機の厳しさから観て、我が国には、そう多くの時間は残されていないからである。

では、もう一つの動きは何か。それは、またもや「自民に対抗できる野党の結集」で、左翼を取り込むかたちで行われる。よって、国家観がない。
 
はて、この掛け声、どこかで聞いたことがある。そう、「自民に対抗できる野党の結集」という掛け声、あの悪夢のような民主党政権を生み出す前にも聞こえていた。

これは、我が国を取り巻く厳しい情勢に目を閉ざした、反日でも侮日でも、何でもよいから、ただ人を集めるだけの国家観と祖国愛と志がない声だ。

杜父魚文庫
| 西村眞悟 | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 08:25 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1007212
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE