<< ベトナム 中国の西沙諸島掘削を非難   古澤襄 | main | 円が対ドルで2週間ぶり高値、中国減速懸念で   古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







いよいよ中国経済の断末魔が   宮崎正弘
■中国、石炭、鉄鉱石輸入への貿易金融を大調整か

港に積み上げられた石炭、鉄鉱石滞貨はすでに3000万トンを超えた。

中国の31の港湾に滞貨されている石炭、鉄鉱石は3000万トン。ほかに国内の炭鉱や製鉄所に山積みの石炭、鉄鉱石を合計すると余剰在庫は一億トンになる(『星島日報』豪州版、2014年5月1日)。

輸入された原料には貿易融資による金利が付帯する。つまり在庫に税金がかかるように、貿易決済は銀行間のバイヤーへの融資であり、金利がかかるのは常識である。
 
銀行団は、こうした滞貨の山を目撃して新しい融資を抑え始めた。中国の場合、3ヶ月から6ヶ月の融資というスパンで、金利は年利15%から30%だという(同紙)。

一方で鉄鉱石と石炭の価格は値崩れを起こし、前年比で13%の失速。償還時期に遭遇しても輸入代金の決済が出来ない。だからますます滞貨が増える。その利息だけで米ドル換算で40億ドルに相当し、深刻な状態となった。

これが直接的に跳ね返るのは、石炭と石膏席などの輸出国である。とくに豪州は鉄鉱石輸出で中国が最大のお得意様だったため、業界は真っ青になっている。過剰投資、過剰在庫、そして価格暴落。いよいよ中国経済の断末魔が聞こえる

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:31 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1006973
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE