<< ウクライナ問題めぐり軍事介入せず   古澤襄 | main | 東シナ海で中ロ・合同海上軍事演習 古澤襄 >>
ウクライナ東部、親ロシア派が勢力拡大   古澤襄
<[ホルリフカ(ウクライナ) 30日 ロイター]ウクライナ東部では30日も、親ロシア派が勢力を拡大した。現地のロイターのカメラマンによると、東部の町ホルリフカでは、銃で武装した集団が公的施設を占拠。

インタファクス・ウクライナ通信は、東部ルガンスク州アルチェフスクで約30人の親ロシア派勢力が市庁舎を占拠したと伝えた。

ウクライナ暫定政権による武装勢力の排除は概ね失敗に終わっており、政権が東部の支配権を失いつつあることが鮮明になっている。


西側諸国は、ロシアが親ロ派の勢力拡大に関与していると批判。ロシア側は否定しているが、米国のダニエル・ベア欧州安保協力機構(OSCE)大使は記者団に「今起きていることは、ロシアの関与がなければ起きなかったことは非常に明確だ」と述べた。

親ロシア派が「ドネツク人民共和国」の樹立を宣言した東部ドネツクの警察関係者によると、親ロシア派はホルリフカの警察署も占拠。

ドネツクでは、 親ロシア派がウクライナからの独立を問う住民投票を5月11日に行うと表明しており、住民の間では、クリミアのようなロシア編入を望む声が多い。(ロイター)>

■ウクライナ暫定政権、東部での「無力」認める

<【5月1日 キエフ/ウクライナ AFP】ウクライナ暫定政権は4月30日、同国軍がロシア軍侵攻の可能性に備え「完全な戦闘態勢」に入ったと発表するとともに、混乱が深まる同国東部で市町の掌握を続ける親ロシア派勢力の阻止には「無力」であることを認めた。

東部ゴルロフカ(Gorlivka)市当局がAFPに語ったところによると、同市では同日、親ロシア派が警察署や市庁舎を占拠した。

親ロシア派はこれまでに東部で十数の市町を掌握している。29日にはゴルロフカに近いルガンスク(Lugansk)市で、武装集団に率いられた数百人の親露派住民が警察署を襲撃し、建物を包囲した。親露派は、翌30日に警察署長が辞任を約束したのを受けて包囲を解いた。

さらに地元メディアの報道によると、親露派はアルチェフスク(Alchevsk)市の議事堂も抵抗にあうことなく占拠したという。

オレクサンドル・トゥルチノフ(Oleksandr Turchynov)大統領代行は暫定政権の閣僚らを前に、東部で行政庁舎を次々と占拠する親露派勢力の阻止に法執行機関は「無力だ」と語った。

さらに、ロシアが対ウクライナ戦争を開始する「現実の脅威」に直面したとし、政府軍が「完全な戦闘態勢」に入ったと述べた。

またウクライナの「愛国者」に対し、窮地に立つ警察を支援するよう呼びかけた。トゥルチノフ氏はかねて、警察の「怠惰」や「裏切り行為」について批判している。

同大統領代行は、最優先事項は東部に広がる「テロリズム」を阻止することだと述べ、東部では一部の警察官が分離派に協力すらしていると述べた。(AFP)>

杜父魚文庫
| - | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:16 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1006926
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE