<< 東大生から見放された朝日新聞 今春「入社ゼロ」に幹部ら衝撃   古沢襄 | main | ウクライナ東部で虐殺遺体、「一線越えた」とロシアを非難    古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







一万八〇〇〇余の読者の後押しに感謝する日々   古澤襄
長期入院で論評・記事の送信を中断してしまって申し訳ない。だが読者の皆さんが再開を期待していただいて、激励のメールを頂戴したことに、こんどほど勇気づけられたことはない。

入院時のユーザー数は1万8431、退院してグーグル検索でみたら1万8376・・。ほとんど動いていない。レプラミドの投与を受けて九日間、世間を騒がせたサリドマイドと同じ薬だから、家族の同意を求められた。退院がいつになるか、レプラミドの薬効をみないと分からないと言われた。観念するしかない。

骨髄腫が悪化している兆候はことし一月十六日の採血・検尿検査で明らかになった。時系列プリントでUーTP(随時尿)の数値が2012年1月”1”、2013年4月”4”2013年”15”だったのが、2014年1月に”162”にハネあがった。

主治医から即入院して精密検査のうえで、すこし時間を置いて薬事療法を考えると告げられた。レプラミドの投与を慎重に検討してくれていた。投与後、4月18日にはUーTP(随時尿)の数値が”25”と嘘のように下がった。副作用も最低限で抑えられた。

そうなると観念していた筈だが、早く退院して杜父魚ブログを再開したいと矢のような催促する日々となった。再開を望む読者の声が後押しなったのは言うまでもない。

退院したその日の深夜、3時に目が覚めた。5時、空がうっすらと明けたのも知らずに海外メデイアの論評・記事にのめり込んだ。生還した喜びを杜父魚ブログの執筆で表現するだけであった。これが病魔と闘う最大の薬効だと信じている。

レプラミドは強烈な薬効があるが、三週間服用して、一週間は服用を中止する。それだけ強い薬だから、連続服用は出来ない。五月十五日に再度の採血・検尿検査を受けてレプラミドの服用を続けるか主治医の判断を仰ぐことになる。

というわけで、いまは変わらぬ読者の後押しでシコシコ頑張る日々を送っている。

杜父魚文庫
| - | 18:05 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 18:05 | - | - | pookmark |







コメント
退院おめでとうございます。本当に良かったですね。お宅にお伺いするのも、かえってご迷惑かと思いもすので、もう少し元気になられてから、お目にかかれれば嬉しく思います。

父・上野壮夫の郷里、下妻にも一度行きたいと思ってますので。私の父も転移性骨髄腫でした。今は、いいお薬があるようですね。

私も、言葉にして残したいことが、まだあるので、もう少し元気で居たいと思っております。松元さん(故・テレビ朝日報道局長)のこと、回顧文は8月末までによろしく。

枚数は、お任せいたしますので、何卒宜しくお願いいたします。

どうぞ、くれぐれもお身体お大切に。堀江朋子

| 堀江朋子 | 2014/04/27 7:36 PM |
ご退院の由、良かったですね!
好きなことをしていれば脳が喜んできっと免疫力が上がるはずですから、これからもブログの更新を楽しみながら続けていただけると、わたしも大変にありがたいです。

どうぞ、お大事に。
| ゆゆ | 2014/04/23 9:06 PM |
ご退院お疲れさまでした。
これからも記事を拝読させて頂け、まことに感謝いたします。
世の中ロクなニュースがないだけに、うれしい驚きです。
| めじろ | 2014/04/23 7:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1006834
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE