<< 変わる米外交、日本も機敏に対応せよ   桜井よしこ | main | 移民に寛大なカナダも中国人対策を変更へ   宮崎正弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







ソチ到着のキム・ヨナ、真央を“無視”   古沢襄
■「気にしていない」

<最大のライバルが登場! フィギュアスケート女子で金メダルを狙う日本のエース、浅田真央(23)=中京大=の宿敵で、五輪連覇を目指す金妍児(キム・ヨナ、23)=韓国=が12日深夜(日本時間13日朝)、ソチに到着した。

100人近い韓国や日本の報道陣がソチ国際空港に待ち受けるなか、女王の座を争うライバルについて「気にしていない」と言い放った。真央との対決は19日(日本時間20日未明)のショートプログラム(SP)で火蓋を切る。(サンケイスポーツ)

ソチ国際空港が異様な空気に包まれた。韓国メディアは到着ロビーで黄色い導線を張り巡らせ、ヨナの通路を確保。警備員もあぜんとする措置で、真央のライバルを迎え入れた。

「これまで準備を続けながらこの日がいつ来るのかと待っていたが、とうとうソチに来た。競技が始まるまで長い1週間になりそう」

韓国の聯合ニュースが心境を伝えた。今季はグランプリ(GP)シリーズを欠場し、昨年12月のゴールデンスピン(ザグレブ)、1月の韓国選手権とローカル大会に出場。いずれも200点台をたたきだしたが、真の実力はベールに包まれている。

真央は8日の団体戦・女子SPに出場。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒して3位に終わったが、「思っていた以上に緊張した。時間はまだあるので気持ちを切り替えたい」と、五輪会場の雰囲気を経験することができた。

一方、韓国は団体戦に不出場。ヨナは時差調整を兼ね、早めの現地入りとなったものの、場慣れはしていない。それでも「団体戦に出た選手は五輪の舞台を経験するメリットがあったが、試合に出ることで感じるストレスも多かったはず」と強気だ。

団体戦では地元の15歳、ユリア・リプニツカヤがSP、フリーとも圧倒的な力を誇示し、ロシアの金メダルの原動力になった。真央に続いて新たなライバルが出現したが、ヨナは「どんな大会でも金メダル候補についての話は出てくるので、気にしていない」とわが道を行く。

前回のバンクーバー五輪後に一時休養し、ソチ五輪に向け復帰した金メダリストは、今季限りで現役を引退する意向を示している。真央も今季限りで引退の方向で、五輪での対決は今回がラストとなる。

「最後になるかもしれない五輪で、自分の納得する演技を目指したい」という真央に対し、「最後と意識すると集中できなくなる。バンクーバーのときもそうだったが、結局はその日の運にかかっている。運に任せることが、一番気が楽」とヨナ。この日は早速、練習会場で初練習した。運命の決戦は19日(日本時間20日未明)のSPで幕を開ける。

★真央は

8日の団体女子SPで3位に終わり、チームとしても日本は5位とメダルを手にできなかった。10日にはソチから空路1時間半ほどにある五輪期間中の練習拠点、アルメニアのエレバンへ移動。日本スケート連盟は毎日計6時間リンクを確保し、強化スタッフや医師、トレーナーを常駐させる態勢で調整している。

当初は17日にソチに戻る予定だったが、気温やリンクの室温が低いために環境への適応を優先し、15日にソチ入りする見通しとなった。

■バンクーバー五輪VTR

2月23日のSPで真央は冒頭、トリプルアクセル−2回転トーループの連続ジャンプに成功。五輪の女子SPで史上初めて3回転半を決め、金妍児に次ぐ2位。25日のフリーでは金妍児が世界最高の合計228.56点を出した直後、冒頭の3回転半、続く3回転半−2回転トーループの連続ジャンプに成功したが中盤のミスで合計205.50点。銀メダルに終わった。(産経)>
 
杜父魚文庫
  
| - | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 10:51 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1006505
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE