<< 朝日新聞は中韓「反日」の思想警察   古森義久 | main | トルコ機ハイジャック「ソチ行け」要求の男拘束   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国のR&D(研究開発費)は米国に次いで第2位へ躍進   宮崎正弘
■ほぼ軍事技術開発のため、内容はまったく不透明

世界のR&D(研究開発費)の統計をとる米国科学評議会は、2011年の世界のR&D総額が1兆4350億ドルにのぼったことを明らかにした。(2月7日、「ザ・ヒンズウ」)。
 
2007年のそれは7530億ドルだった。このうちの37%が米国だった。ちなみに同年の中国のR&Dは240億ドルにすぎなかった。

2011年統計で米国が4240億ドル、中国が2080億ドルに躍進しており、世界第二位(世界全体の15%)、つづくのが日本(10%)、ドイツ(7)、フランス(4)、英国(3)、韓国(2)と上位七位で世界全体のR&Dの72%を占めており、この列に続くのがロシア、台湾、イタリア、カナダ、印度、豪、スペインの順番となっている。

それにしても中国の発表数字は不透明で、特許出願件数は多くとも、実際に特許として認められているのはすくなく、R&Dの中身は不明。主として軍事技術開発に宛てられていると推定されている。

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 17:27 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1006443
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE