<< ノアの箱舟は円形だった?   古沢襄 | main | 山口は安倍との暗闘で敗色濃い   杉浦正章 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「国のために」の引用を避けた安倍演説   古森義久
安倍晋三首相の施政方針演説を聞いて、奇妙なことを感じました。その点をまとめて書きました。

<大事な部分がなぜ抜かされたのか?安倍首相が引用したケネディ大統領演説>

安倍晋三首相が1月24日、国会で施政方針演説をした。第186回国会が召集されるのを機に、安倍首相がどのような「国づくり」をしていくのかという抱負を語るための演説だった。

だが、この演説で首相が使った米国のジョン・F・ケネディ大統領の就任演説からの引用はやや奇異であり、国づくりの中で「国」の比重を減らしたかのように響いた。首相が唱えていた日本の「戦後レジームからの脱却」をいくらかスローダウンさせているような印象をも与えた。どうも「安倍らしさ」に欠けるようなのである。安倍演説とケネディ演説の溝とも言えようか。

安倍首相の演説は日本国内の経済や社会の目前の課題をまず最優先させていた。「東北の災害復旧と創造」「日本経済の3本の矢」「女性の活躍」「外国人観光客の受け入れ拡大」「2020年の東京オリンピック」というようなテーマである。いずれも重要だが自明とも言える課題だろう。

その一方、安倍氏が本来の最大目標とする日本の国の根幹を立て直す取り組みが出てこないのだ。なんといっても憲法への言及がないのが気になった。 主権国家として当然の権利を戦後の日本が自ら奪っている「戦後レジーム」からの脱却の提起もなかった。普通の独立国家へと歩む明確な道のりも聞かれなかった。経済主体の枝葉に終始するという感じなのだ。

この国会での課題はあくまで経済や社会など、目に見える切迫したテーマが主体だからだろうか。あるいは靖国参拝を内外で叩かれたため、国家とか戦後というトピックはひとまず避けたのだろうか。

ケネディ大統領はまず米国民に呼びかけた

そんな演説のなかで、国家の根幹に触れたとも言える、数少ない部分は「積極的平和主義」についての領域だった。首相はこの部分で「集団的自衛権」 「国家安全保障戦略」を強調し、日米同盟の強化を訴えていた。その基盤として「自由、民主主義、人権、法の支配」という基本的な価値観の共有も挙げていた。このあたりはいかにも安倍氏らしい主張だなとも感じさせた。

■なぜかケネディ演説の真髄だった「国」を提起しなかったのか。

しかしその直後に首相が引用したジョン・F・ケネディ大統領の演説にはどうしても奇異な印象を抱いた。その部分の安倍演説をまず見よう。

「(基本的な価値を共有する国々との連帯の)その基軸が日米同盟であることは、言うまでもありません。

『世界の市民同胞の皆さん、米国があなたのために何をするかを問うのではなく、われわれが人類の自由のために、一緒に何ができるかを問うてほしい』

昨年着任されたキャロライン・ケネディ米国大使の父、ケネディ元大統領は、就任に当たって、世界にこう呼びかけました。

半世紀以上を経て、日本は、この呼びかけに応えたい。国際協調主義に基づく積極的平和主義の下、日本は、米国と手を携え、世界の平和と安定のために、より一層積極的な役割を果たしてまいります」

日米同盟を基礎とする日本の対米協力を説くには強力な支えとなるケネディ大統領の言葉の引用だった。だがこの言葉はこれまであまり知られていなかった。ケネディ演説でのこれに似た表現で、もっとずっと有名な言葉といえば、疑いなく以下だった。

「米国民同胞の皆さん、あなたの国があなたのために何ができるかを問わないでほしい。あなたがあなたの国のために何ができるかを問うてほしい」

ケネディ大統領は実際の演説では、まずこのように米国民に訴える言葉を述べて、その後に続けて、今回、安倍首相が引用した言葉を述べていた。つまり、聴衆にまず求めたのは、米国民としての米国への貢献なのである。

安倍首相の語るままにケネディ演説を考えると、ケネディ大統領がいかにも自国の国民よりも、まず世界各国の市民に対し「人類の自由」のために自主的な努力をすることを訴えたかのように思える。しかし現実にはケネディ大統領はまず米国人に対して、米国という国家のために何ができるかを問え、と訴えていた。

安倍演説はこの最重要な部分をすっぽりと抜かして、ケネディ大統領が自国民への訴えもせずに、いきなり世界の市民に呼びかけたかのようにも受け取れる引用の仕方をしているのだった。

ケネディ大統領にとって、米国の国民に国家への責務や貢献をまず説くことが最重要だったように、安倍氏の年来の理念も、日本の国民に日本という国家の重要性を改めて訴えることだった。その点こそが、安倍氏が年来、唱える「戦後レジームからの脱却」の本質部分でもあったはずだ。

それが今回の安倍演説では、日米同盟の大切さを説くためとはいえ、日本人にとっての「国」の重要性が埋もれてしまった観なのである。

■国家の一員ではない人は存在しない

この膨大な施政方針演説を、安倍首相個人がすべて起草したはずはない。首相の思考をよく知る専門家が土台を書いたのだろう。だが、その草案からは 安倍理念の真髄を象徴するはずのケネディ大統領の言葉はあえて外された。あるいは、ずらされた、と言った方がいいかもしれない。

「米国民が米国のために」というケネディ演説の核心を引用せずして、なんのための引用か、とさえ問いたくなる。安倍晋三という政治家の長年の政治理念を見聞してきた一員として残念に感じるのだった。

今回の安倍演説はケネディ演説を使いながらも、ケネディ演説の心臓部にあえて背を向けて、2つのスピーチの間のギャップだけをケネディ演説をよく知っていた人たち、そして安倍理念の本質を知ってきた人たちの両方に見せつけた、というのはあまりに厳しい見方だろうか。

戦後の日本では「国」という概念があまりにも極端に否定されてきた。米国の占領政策、日本国民の戦争被害、そして戦後の共産主義思想などがその原因だろう。

「国」と言えば、「国家」となり、「国家権力」となって、「国民弾圧」さらには「暴力機構」という連想ゲームのように、国の基本理念にはいつも危険なレッテルが張られてきた。国家は、いつも国民と対抗する、国民を抑圧し、支配し、被害を与えるメカニズムとも見なされてきた。(つづく)

杜父魚文庫
| 古森義久 | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:34 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1006371
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE