<< 韓国軍のチグハグな軍事力整備   古沢襄 | main | 14年度防衛費は離島強化へ2年連続増   古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







89式5.56mm小銃と西側の共通規格の弾薬   古沢襄
「韓国軍と同じ5.56ミリの口径の小銃を使用している自衛隊」とあたかも、韓国軍の小銃に自衛隊が合わせたような言い方だが、5.56ミリ口径の小銃弾は、いわゆる、NATO RoundというNATO軍標準の実包でしょ・・と読者から指摘があった。

まさにその通り。自衛隊が制式化した自動小銃89式5.56mmで使用する弾薬は、NATO軍標準の実包で、必要があれば在日米軍などの同盟軍と共用できる。西側の共通規格品なので南スーダンに派遣されている西側PKO部隊ならどこでも持っている。自衛隊と韓国軍だけの共通規格品ではない。

だが、風雲急を告げている南スーダンだから各国部隊ともおいそれと韓国軍に頼まれても提供するわけにはいかない。戦場で自軍の弾薬を渡すバカはいないだろう。反政府軍が近づいたというので、慌てふためいた韓国軍が回り回って自衛隊に救援を申し入れたのであろう。

<89式5.56mm小銃(はちきゅうしき5.56ミリしょうじゅう・英:Howa Type 89 Assault Rifle)は、自衛隊が制式化した自動小銃である。1990年代以降、陸上自衛隊の主力小銃となっている。

89式5.56mm小銃は64式7.62mm小銃の後継として開発され、1989年に自衛隊で制式化された。アサルトライフルに相当し、自衛隊と海上保安庁、警察の特殊部隊(SAT)において制式採用されている。

開発製造は豊和工業が担当し、1丁あたりの納入単価は20万円台後半から34万円(調達数によって変動)納入先が自衛隊など日本政府機関のみに制限されているため生産数が伸びず、量産効果によって価格が下がらないため、現役の主力小銃としてやや高価な部類に入る。

使用する弾薬及び弾倉は、西側の共通規格である5.56x45mm NATO弾とSTANAG4179に準じている。そのため、必要があれば在日米軍などの同盟軍とそれらを共用できる。また、5.56mm機関銃MINIMIとも弾薬互換性を持つ。さらには特別な器具無しで06式小銃てき弾を装着可能であり、全ての89式で火力支援と限定的な対戦車戦闘が行える。

形状は日本人の平均的な体格に適した設計がなされている。銃身長420mmというカービン(短縮小銃)に近い長さでありながら、大型の消炎制退器の銃口制退機能によって高い制動性を有する。

また、取り外し可能な二脚(バイポッド)を有し、展開し接地することで安定した射撃ができる。銃床は固定式だけでなく、コンパクトに折りたためる折曲銃床式が空挺隊員や車両搭乗隊員向けに配備されている。

材質・製造方法は大量生産が容易なように選択されている。銃床、銃把、被筒には軽量かつ量産性に優れた強化プラスチックを採用し、金属部分はプレス加工を多用している。さらに銃を構成する部品数が64式から大幅に減り、生産性や整備性が向上している。

冷戦末期に設計された本銃であるが、海外派遣やゲリコマ対策など新たな課題に向けて、各部の改修・改良が実施されている。

進捗は部隊によって異なるが、左側切換レバー設置や光学式照準器の装着などが進められている。さらには本銃を試作原型とした「先進軽量化小銃」が開発中である。

広報向けの一般公募愛称は「バディー」であるが、部隊内では単に「ハチキュウ」と称される。(ウイキペデイア)>

杜父魚文庫
| - | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:17 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1006008
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE