<< 中国腐敗追及チーム、次は世界的規模の不動産疑惑を調査   宮崎正弘 | main | プーチン大統領、未明に韓国到着   古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







韓国紙の論調変化、反日に自省促すコラムも   古澤襄
【ソウル=豊浦潤一】韓国の有力紙・朝鮮日報は13日、歴史問題などで対立する日韓関係について「根本的に解決する方法は、我々がより合理的で信頼できる国になる道だけだ」と自省を促す異例のコラムを掲載した。

安倍首相と朴槿恵(パククネ)大統領との首脳会談が実現する見通しが立たない中、反日一辺倒だった韓国各紙の論調も変化し始めている。

コラムは論説室長の署名記事で、日本の集団的自衛権行使に「反対する国は中国と韓国しか残っていないようだ」と指摘。福島第一原発の汚染水問題で、韓国産の魚さえ敬遠する風潮が蔓延(まんえん)した現状について、「世界の人々は福島から遠くない東京の五輪開催を圧倒多数で決めた。我々を合理的と考える世界の人がどれだけいるのか」と論じた。

1965年の日韓請求権協定で解決済みにもかかわらず、戦時中の韓国人徴用工を巡る裁判で日本企業に賠償を命じる判決が相次いでいる点にも言及。「国際社会は我々が国際的な約束まで覆す国とみなすのではないか」と懸念を示した。

徴用工を巡っては、韓国日報の社説(7日付)が「政府は司法判断とは別に現実的な解決策を探るのが正しい」としたほか、東亜日報のコラム(11日付)も「歴史、独島(竹島)、慰安婦問題とは違う」と指摘している。

朴大統領は11月上旬の欧州歴訪中、記者会見などで日本批判を展開し、日韓首脳会談も「(現状では)しないほうがまし」と発言。国民日報のコラム(6日付)は「対話が理解の始まりである点を政府は認識しているのか」と批判している。(読売)>

杜父魚文庫
| - | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 08:06 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1005622
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE