<< 菅氏が安倍首相を提訴、原発事故対応批判で「名誉毀損」  古澤襄 | main | ケネディ駐日大使は日本軽視なのか  古森義久 >>
ミャンマー大統領、全政治犯の年内釈放を言明  古澤襄
<【7月16日 AFP】ミャンマーのテイン・セイン(Thein Sein)大統領は15日、年内に全ての政治犯を釈放すると言明した。

初めて英国を訪れた同大統領は、ロンドン(London)の王立国際問題研究所(チャタムハウス、Chatham House)で講演し、「今年の終わりまでに、ミャンマーに『良心の囚人』(政治犯)は1人もいなくなることを保証する」と宣言した。

さらに同大統領は、1948年にビルマの国名で英国から独立した時以来続く、10以上ある少数民族と政府との戦闘についても「数週間以内には停戦が実現するだろう」と楽観的な見方を示した上で、「その後は困難な交渉が待ち受けている。難しい点についても譲歩しなければいけないだろう。だが、実現させなければならない」と付け加えた。

先にロンドンの首相官邸にテイン・セイン大統領を迎えたデービッド・キャメロン(David Cameron)英首相は、同大統領との会談でミャンマーにおける人権問題の改善を求めていた。

会談後、首相官邸前でテイン・セイン大統領とともに報道陣の取材に応じたキャメロン首相は、同大統領の「歴史的な訪問」を心から喜んでいると語った。だが一方で、「あなたの改革プロセスの継続に加え、人権促進や民族衝突への対処に関しても、より大きな取り組みが見られることを、とても強く願っている」とも付け加えた。

キャメロン首相自身も昨年、英首相として初のミャンマー訪問を行っている。(AFP)>

<【ロンドン=佐藤昌宏】欧州歴訪中のミャンマーのテイン・セイン大統領は15日、ロンドンの英王立国際問題研究所で講演し、国内各地で続いた少数民族との内戦が近く、すべて停戦を迎えるとの見通しを示した。

大統領は「今後、数週間で、全土にわたる停戦を迎えるだろう。過去60年以上にわたり、国内で銃声が鳴りやむのは初めてのことだ」と述べた。

6月のラジオ演説で方針を示した全政治犯の釈放については、「今年末までに、(思想や信条を理由に拘束されている)『良心の囚人』が全員釈放されることを保証する」と強調した。

大統領は講演に先立ち、キャメロン英首相と会談した。首相は、ミャンマー西部ラカイン州などに多く住み、迫害を受けているイスラム系少数民族ロヒンギャの保護などを求めた。(読売)>

杜父魚文庫
| - | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:04 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1004341
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE