<< 訪中でわかった朴槿恵大統領の「歴史感覚」  古澤襄 | main | 中国軍艦がアメリカEZZに潜入していた 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







強気の姿勢目立つ習体制 7人のブレーン集団 古澤襄
<習近平氏が中国共産党トップの総書記に就任して半年以上が経ち、日ごとに習氏の目指す政治の方向が明らかになりつつある。国内では反腐敗を打ち出し、バブル経済への対応も厳しい。外交面も領土問題での妥協は一切許さず、強気の姿勢が目立つ。(フジサンケイビジネスアイ)

一言でいえば「新保守主義」の色合いが強いが、こうした習氏の各分野での政策を提起し、実行に移しているブレーン集団はいったい誰なのか。陣容が次第に明らかになってきた。

先の訪米に際して米国のメディアが注目したのは、党中央政策研究室主任の王滬寧氏だった。終始、習氏のそばにぴったりと寄り添っていたからだ。だが、王氏は江沢民、胡錦濤の両総書記にも仕えており、今後は徐々に習氏から離れていくのではないかとの観測が有力だ。

王氏に代わってブレーンの中核を務めそうなのが、党中央弁公庁副主任の丁薛祥氏。ロシアや南アフリカ訪問では、主任の栗戦書氏ではなく、丁氏が同行している。習氏が上海の党委書記をしていた時に、まじめな仕事ぶりが買われて抜擢(ばってき)された。

主任の栗氏も仕事の執行能力が高いことから、習氏の有力ブレーンの一人であるのは間違いない。1983年に習氏と栗氏は隣接する県のトップの役職にあり、お互いに知り合った。2011年に習氏が党の政治局常務委員の時に、貴州省を訪問。その際に現地で習氏にずっと付き添って案内したのが栗氏だった。

翌年に中央弁公庁に移った。それが習氏の意向だったことは確実だ。もっとも年齢が60歳を超えているので、実務は次第に丁副主任に移っていこう。

もう一人注目されるのが、中央政策研究室の何毅亭副主任である。陝西省出身で、習氏と同郷だ。北京師範大学で歴史を学び、修士の資格を持つ。習氏は就任直後から「習八条」といわれる指示を出し、高級消費や無駄な会議を止める運動を展開しているが、この政策立案には何氏が関与しているといわれる。

“外交秘書”の役割を担っているのが朱国鋒氏だ。今年春に海南島で開かれたボーアオ会議では、習氏と同じテーブルに座っているのが目撃されている。このほか、“政治秘書”として、中央党校副校長の李書磊氏、“経済秘書”として党中央財経指導小組弁公室主任の劉鶴氏がおり、さらに秘書団を束ねる役割として鐘紹軍氏がいる。

習近平体制を支える、これら7人のブレーン集団から目が離せない。(拓殖大学国際学部教授・藤村幸義)

杜父魚文庫
| - | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:11 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1004275
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE