<< 東京市場 大荒れの1日に   古澤襄 | main | コリアンタウンからも「あまりに民度低い」と非難続出  古澤襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







東南アジア株式=全面安、中国製造業PMI悪化で  古澤襄
<[バンコク 23日 ロイター]23日の東南アジア株式市場は、米金融緩和の先行き懸念や、5月のHSBC中国製造業購買担当者景況指数(PMI)速報値の悪化で、世界的に地合いが悪化する中、全面安の展開となった。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI).FTSTIは1.77%安の3393.17と、7日以来の安値で引けた。クアラルンプール市場の総合株価指数(KLCI)は0.61%安で終了。バンコク市場のSET指数.SETIは1.46%安の1607.46で終了。一時1600ポイントの節目を3%割り込む場面もあった。

シンガポールとバンコク、クアラルンプールの各市場では、投資家が連休を前にリスク資産を手放す傾向が強まり、シンガポール・テレコム(STEL.SI: 株価, 企業情報, レポート)やサイアム商業銀行SCB.BK、CIMBグループ・ホールディングス(CIMB.KL: 株価, 企業情報, レポート)などの大型株が軟調だった。

3市場は24日は休場で、取引は27日に再開される。(ロイター)>
      
杜父魚文庫

| - | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1003767
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE